プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
CF-R3 SSD 換装 認識しない?
パナソニック CFシリーズパソコンは、神戸工場で国産部品を使って
作られています。
価格は高いですが、信頼性抜群です、
旧型製品でも中古部品流通市場が成り立つ程愛されてます。
我が CF−R3もSSDに換装後、ばりばりの第1線で活躍してます。
その際、改造に使った、ハードディスク接続ケーブル 
私のように、悩んでいる方もいるかな?と
無線ラボで販売しましたところ、かなり好評で御座います。
ある方より、動作が不安定との御報告を受けました。
勿論ケーブルに原因があるのでなくSSDとの相性なのですが、
お聞きした以上見過ごすことが出来ません。
とはいえ、当方のSSDでは症状が再現しません。
症状はノイズによる、誤動作ではないかとのこと

昔 こんな事がありました。
外車ディーラーよりの御相談でした。
無線機を取り付け、走行中、電波を出したらエンジンが止まったり、
電波を出す度にクラクションが鳴るとの事
制御ボードに高周波が乗って悪さをしていた様です。
当時は、高周波対策等皆無でCPUボードが透明プラスチックケースの中で
鎮座しておりました。
アルミ箔でボードからケース、ケーブル類をシールドして一件落着

これが頭をよぎりました。
SSD側のソケットに絶縁紙を当てケーブルとコネクタをアルミ箔で
シールドしました

当方のPCで、症状が出ておりませんので、検証出来ないのですが、
この実験中、当方のSSDが認識されなくなりました。
そこで、コネクタージャック部分を手で押さえていると、認識する。
コネクター部分をよく見ると、ソケットとケーブルの差し込みが
少しいびつになっている、
何度も取り外ししている内に、真っ直ぐ奥迄入れてなかったようです。
もう一度入れ直したら正常になりました。
しかし、まさか こんな事では無いでしょう

今日は、しまらない話でした。

追補
後日、この件は解決いたしました。
ブログをだらだら読むのも苦痛と存じます。下記からどうぞ

昔エレキ少年 トランセンドSSD 相性判定法は
こちらをクリック


無線ラボ お薦め商品はこちらをクリック
こちらをクリック



にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします





| ノートパソコン 改造他 | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
亀になった インターネットエクスプローラー
最近IE7(インターネットエキスプローラー)の動きが遅くて困ります。
IE8も試したのですが、まだまだ未完成のソフトです。
これだけ毎日、ウイルス等まき散らされるのですから
それもやむを得ないのですが、メジャーな程標的になるようです。

ブラウザも、スレイプナー、オペラ、ファイアフォックス、サファリ等を
時に応じて使ってみましたが、IE(インターネットエキスプローラー)に慣らされており、しっくりせずまたIEに戻っております。
そんなおり、グーグル クロームなるブラウザを使ってみました。
まだ、数日ですが、使うほどに、馴染んでくるようです。
動作は、きびきびしており、全くストレスを感じません。
ブログ作成は、2画面表示さすと、楽なのですが、このブラウザは
使い方がIEによく似ており、これに定着しそうです。
IEで起動まで時間がかかって困っている方、ウイルス対策ソフトにも
原因があるようですが、ブラウザを替えてみるのも宜しいかと存じます。
| ノートパソコン 改造他 | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF-R3 自爆 SSDとHDDの取扱いの違い
パナソニックCF−R3 大容量ドライブのSSD化で今まで以上に
過酷な使い方をしておりますが、健気に絶えてくれます。
3年前の旧型機も、SSDのお陰で新機種導入の必要を感じさせません。
しかし、無知のさせる技、壊してしまいました。
絶対にやってはいけないことを、してしまったのです。

ウイルスチェックをした折、何を思ったか、魔が差したのでしょう。
ハードディスクの最適化をしてしまったのです。
SSDは、回転機構が無く理論的に、そのようなことをする必要が無いのは
判っていたはずですが、何のきなしに軽くやってしまいました。
終了後、再起動したら、ハードディスクを認識しません。
何度再起動しても、ダメです。もう 目の前真っ暗、今迄の快適さがパー
やってしまいました。さあどうするか

バックアップは取ってありますので、最悪の状態は回避できますが
取りあえず、USBメモリーを起動ドライブにして起動させると
何事もなかったように、SSDを認識しました。
今回はラッキーでした。

HDDのその常識から、抜けきれず、こんなポカをしてしまいました。
SSDは全く別の物、性能、諸元を熟知しなければならないと反省した
次第で御座います。
こんなバカなことやらないと思いますが、失敗例の御披露で御座います。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

| ノートパソコン 改造他 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
EeePc901 津軽海峡でGPS テレビ受信を試みる
EeePc901は小型軽量、SSD搭載、電池で長時間使用可能な事から
外出時の必需品になりました。
車載で、GPSや、テレビ受信を楽しんでいるのは以前ご紹介しました。
今回は、大函航路「ばあゆ」船内で使ってみました。

「ばあゆ」は18時40分 大間に入港 一晩停泊
   翌朝 07時10分函館向け出港します。
「ばあゆ」の煙突の前が、展望室です。
天空が見られるところはここしか有りません。
展望室後部中央付近の窓が安定して受信できます(実証済み)
今回は右舷テーブル付近の窓に、テレビアンテナを吸盤で貼り付けました。
GPSアンテナは窓枠に置きました。この位置はかなり微妙です。

大間港着岸中は、GPS受信が安定的に可能でした。

出航後間もなくGPS受信に支障をきたしアンテナ位置をあちこち変えたり
角度を変化させましたが、補足不能です。
この状態で、後部中央付近にアンテナを移動さすと捕捉可能でした。
今回は、右舷風景を見たかったので、元に戻ります。

USBワンセグ受信機は、数千円から1万5千円位まで色々ありますが
感度が悪いという評判が多いように思います。
しかし、USBワンセグ受信機に非があるのでなく使い方だと思います。
電波が存在しないところでは、写りません・
本機は3000円足らずの特価品です。
1mのケーブルが付いた外部アンテナ方式なので受信出来る位置に
アンテナを持って行けばよいのです。
(USB直付けアンテナはパソコンを移動させなければなりません。)
写真の通り、窓に吸盤アンテナを取り付けました。
キーボード上の部品がワンセグ受信機本体です。
USBケーブルをパソコンに接続、本体にコネクターで外部アンテナと接続します。
航海中 途切れることなくテレビ受信可能でした。
多少画面が荒くなりますが全画面表示すれば見やすくなります。
勿論皆様の邪魔にならないようにイアフォーンで聴取しております
電波を受信する機器は、アンテナ一体化の物は場所の制限があります。
アンテナ分離方式の機器をお薦めします。
USBワンセグチューナーが感度が悪いのでは有りません。

EeePc901もインターネット端末だけでなく、こんな使い道も御座います。
発売後半年も経つと、安くなりました。製品も安定してきました。
旅のお供に、いかがですか?
にほんブログ村 PC家電ブログへ
ポチッとクリックお願いします。
| ノートパソコン 改造他 | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Eee PC901 車載仕様 GPSも ワンセグも 大画面で大満足

CF−R3のSSD化でEeePc-901の出番が無くなりました。
そこで車載専用 GPS装置、テレビ受像器として使うことにしました。
GPSでの使用は以前ご紹介しておりますので今回はテレビの御報告

ワンセグTVチューナーを購入しました。K-ONESEG/U2
アンテナ一体化のものはいけません。
USBワンセグTVチューナーは一般的に、写りが悪いとの事で御座いますが、
本機の場合、アンテナが単体で、50cm位のケーブルがついております。
写真のようにダッシュボード右側に取り付けました。
夕方写したのでちょっとわかりにくいですが、右側面窓近くにアンテナです。
テレビも携帯電話もアンテナが命です。
小さくなればアンテナの条件が悪くなります。
この機種のように外部アンテナですとと写りが悪い等ということは御座いません。
画面は、フルサイズでテレビ画面にしております。

この画面は、右側がテレビ、奥はGPSの画面です。
何れも、スムースに表示します。
この画面位置なら視線移動が少なくセンターコンソール画面より視認性は
よいと思います。
法的には、2秒以上画面を見続けるのは安全運転義務違反なのでこころして
使用しなければなりません。
ダッシュボードにトレイを両面テープで貼り付け、
パソコンはマジックテープで固定してますので、着脱は簡単です。
こんな使い方もあるという事でご紹介しました。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
宜しかったらポチッとクリックお願いします。
| ノートパソコン 改造他 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF-R3 SSD搭載 41ピン折り 色々な方法
CF−R3のシリコンディスク換装を試みる方が増えました。
このパソコンは特殊なハードディスクを使用しており大容量の物に
交換するおり、「ピン折り作業」が必要です。

色んな方法があるのですが、今回はこんな方法をやってみました。

フレキシブル基板に接続したコネクターの41番ジャックを除去しました。
ぼんやり写っているのが取り外したバーツです。

前回 説明不足でしたが、ハードディスクの厚みは実測9.5mmです。
シリコンディスクは7.5mmですから、クッションテープ等で厚みの
補正をした法が良いと思います。

追補
これから端を発して、SSDが支障なく作動するまで、約3ヶ月弱を要するの
ですが、結論だけ、下記から ご覧になれます。
お暇な方は、ノートパソコン改造 の カテゴリーをご覧下さい。
ヘボ職人の、浅知恵が垣間見られます 笑ってやってください。

昔エレキ少年 トランセンドSSD 相性判定法は
こちらをクリック



無線ラボでは、パナソニック各シリーズ用ケーブルを販売中で御座います
3Vのハードディスク仕様のパソコンで御苦労なさっている方、
無線ラボで、貴方のパソコン用ケーブルが有るかも知れません。
もし無ければ、御注文ください。

「無線ラボ」はこちらをクリック



にほんブログ村 PC家電ブログへ
ポチッとお願いします




| ノートパソコン 改造他 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF-R3 SSD 換装 色んな方法 ピン折り無し
12月6日 パナソニックCF−R3のハードディスクをシリコンディスクに
交換したおり、シリコンディスクに手を加えない方法をご披露しました。
そのブログはこちらから



自分では良いアイデアだと思ったのですが、半田吸い取り器は
誰でも持っている物ではありません。こんな方法も有るのですね。

一庵(ひとつあん)さんのブログ
そのブログはこちらから


一昔前のノートパソコンもSSD換装で、主役に返り咲きです。
愛着のあるノートパソコンをお持ちの方、試してみませんか?
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
| ノートパソコン 改造他 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF-R3 SSD ピン折り無し 搭載から1週間経過報告
パナソニックCF-R3にSSDを搭載して約1週間過ぎました。
心配していたSSDの初期不良もなく、「プチフリーズ」も、有るのか無いのか
わかりません。何しろ使い勝手が良くなりました。
振動に気を遣わなくて良いのは、何事にも代え難いことです。

パナソニックCF-R3シリーズは国産で作りが良く愛用してましたが
私にはSSD登場により、HDD搭載機に、魅力を感じなくなりました。
ハードディスクは、どんな防振対策をしても回転機構を持つ機械ですから
故障は避けられません。
SSDも書き込み回数に限度がありますが、この寿命の前に、パソコン本体の
寿命が来ると思います。
使っていて大きく変わったのは、電池での使用時間が体感的にぐんと延びたように思います。
それまでの時間を計っていないので比較できないのですが、私の行動パターンで、もう電池が無くなって良いのに、まだまだ使用できるという感じです。
ただ、ハードディスクと、SSDの電力消費量を比較すると、あまり差がないのです。
ほとんどのノートパソコンは、SSDに換装出来るはずで御座います。
ノンスピンドルの快適さを、貴方も如何ですか

お正月が近づいて参りました。
今日は、おせち料理の一品、乾し鮑の佃煮を作ってみようと思います。
明日は、完成品をご紹介したいと思います。
にほんブログ村 PC家電ブログへ
宜しかったらポチッとクリックお願いします。

| ノートパソコン 改造他 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 SSD 41ピン切断無し 経過報告
パナソニックCF-Rシリーズパソコンは、外国製品が多い中珍しい国産製品です。
直販品は高価にもかかわらずサポートが良く3年保証の為人気があります。
1年で時代遅れのパソコン寿命ですが、3年過ぎても愛用者は多いと思います。
私は振動に弱いのが、ネックとなりEeePcの登場でお蔵入りでした。
先日「レッツノート親父さん」のSSD搭載成功記事を拝見し早速
利用させて頂きました。その時交換したのが先日のブログで御座います。

数日の使用報告ですが、立ち上がりが早い、電池の持ちが長くなった
振動に強いと良いことばかりで御座います。
心配していたシリコンディスクの信頼性も、今の所、安泰です。

パナソニックR2、R3、R4は、HDD交換時に41ピン切断作業が有ります。
シリコンディスクに手を加えない為にはマザーボードを加工しなければなりません。

足上げによる方法
市販品の最も小さい半田ごての先端がこの大きさです。
浮かすピンの隣に細い針金を入れ次の隙間から取りだし、ピンを半田ごてで加熱しながら針金を持ち上げる手法
細い針金を入れるのは出来るのですが、隣から出すのが出来ません(笑い)
他の方法は無いものか?

ハードディスクとマザーボード接続のフィルムを加工
万一失敗しても、この部品は2〜3千円で入手可能
そんなわけで、先日のブログ記事になった次第です。

パソコンを車で使うとか、片時もパソコンを手放すことが出来ない方、
振動に強く、電池使用時間が長くなります。
貴方も交換してみては如何ですか?
数年待たずに、ハードディスクからシリコンディスクに世代交代が進むと思います。
にほんブログ村 PC家電ブログへ
宜しかったらポチッとクリックお願いします。
| ノートパソコン 改造他 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 SSD ピン折り無し 換装成功
パナソニックのCF-R3は小型軽量、海外旅行に常に同行した我が戦友です。
「ポチ」と名付け愛用しておりましたが、スピンドルは振動に弱いので
EeePC901購入と共に、疎遠になっておりました。
最近、SSD(ソリッドステートシリコンディスクドライブ)が安く入手できるようになり、
CF−R3に搭載成功した記事も幾つか見かけるようになりました。
私も、ダメ元でやってみました。

左は今迄使っていた 160G ハードディスク。
真ん中は、トラセンドのTS64GSSD25−M Cドライブ
右はついでに買った16GCFカード Dドライブに指定

シリコンディスクを取り付けた状態

CF−R3に市販ハードディスクを取り付ける場合、
41番ピンのカットが必要なのですが、今迄は私もそうしておりました。
新製品のSSD、信頼性に私は疑問を持ってますのでピンをカットし
保証を無にするする程の勇気は御座いません。
そこで、SSDに手を加えない、別の方法を考えました。
マザーボードの41番ピン側のパターンはずしは半田ごてが隣と接触します
また、カッターナイフでパターンカットは、更に危険と感じました。
そこで、写真のような方法をとりました。
先ず、41番ピン端子を半田吸い取り器で、吸い取ります。
中空になったピンに、細いパイプを差して絶縁処理すればよいのですが
適当な物が無く、ピンを根本からカットしフィルムパターンを
カッターできれいにそぎ落としました。
これでSSDに手を加えてないので、万一の時にも、安心です。

この写真は、パターン半田部分をそぎ落とす前です。
あらかじめSSDはアクロニス ツルーイメージでバックアップし
移植してます。
今更リカバリー領域等不要ですので、64G全てをCドライブにしました。
また、SCSIスロットが空きではもったいないので、安くなった
16G CFカードをDドライブ データ用にしました。
スイッチを入れると、何事もなかったように、立ち上がります。
ノンスピンドルの「ポチ」 完成です。
振動を気にしなくて良いのは持ち運びが多い私には大変なメリットです。

補追
ハードディスクは9mmの厚みがあり、SSDは7mmです。
厚み補正のため、多少のパッキングをした方が、固定出来ます。

補追その2 
41番ピン折りの必要性について、
レッツノートの一部の機種においては(CF-R3等)特殊なハードディスクを
使用しております。
41番ピンをHDD制御回路信号電圧3.3vとしております。
一方、普通のHDD 市販品は41ピンと42ピンが導通しております。
トラセンドのSSDはどうでしょうか?ピンアサインをご覧下さい。
トラセンドSSDデータシートはこちら


ご覧のように、41,42は5vがかかっております。
41ピンをそのままにして動作した例も報告されておりますが、その時点で
運が良かっただけで御座います。
マザーボード側から見れば、5vと3.3vが短絡している状態です。
例えば、ACでは正常だが、バッテリー運用できないとか、
長時間運用すると電源が落ちるとか、最悪の場合 起動すら出来ません。
また、44ピン折りは、不要で御座います。
データシートにもありますように、ノーコネクトです

多くの方にご覧頂き有り難う御座います。
説明不足な点を補足いたしました。

昔エレキ少年 トランセンドSSD 相性判定法は
こちらをクリック



「無線ラボ」ではパナソニック T、W、R シリーズ対応ケーブル販売中
「無線ラボ」は こちらをクリック



SSDが認識されないのは、パナソニックパソコンだけではありません。
何処のメーカーパソコンにも起こりうる現象で御座います。
お困りの方は、「無線ラボ」にメールにて、御相談下さい。
support@musen8.com
作業が中断しますので、電話でのお問い合せは受けておりません。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
宜しかったらポチッとクリックお願いします。
| ノートパソコン 改造他 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

グルメ ブログランキングへ