プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
函館公園 秋の装い
 例年ならとっくに色づいているはずです
今朝の函館山、まだ色合いが足らないと思いつつ、
函館公園に出かけました。

函館公園 噴水付近から 函館山を望む

撤去された噴水 短い夏は、幼児が水遊びに興じてました

噴水 左側

これは 見事です。
午前中の日差しですからこの程度しか色が出ませんが
ごごならもっと光を受けてあでやかになるでしょう

しらかば橋 たもと
見事に掃き清められております。

ご苦労様で御座います。
函館市は、公園、公共トイレ等 いつも清潔なのは
この方々のご尽力によるものです。
有り難う御座います。

橋を渡って 左を降りたあたりから

この橋 名前は失念

感無量です。 緑、黄、紅 そのちりばめた自然に 言葉無し

橋から 下を望むと 散った紅葉が最後の輝きを見せてくれます。
散る桜、残る桜も ちる桜 
今は、桜の時期ではありませんが、そんな歌が耳元に聞こえてきます。

四季折々 函館公園は楽しませてくれます。
願わくばこの散りゆく紅葉、
しばらく時が止まってくれれば良いのですが

再び、中央 噴水付近に戻ってきました。

上は展望台
ここからはかなり階段を昇らなければなりません。
今日は、ここから眺めるだけにします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
ポチッとお願いします


| 函館散歩 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日天気になーれ! 第1回 函館ベイエリアフェスタ2011
 お空が干上がるのでは無いかと思われる位、雨、雨、雨
数週間、当地では ことごとく催事中 雨に見舞われました。
中でも、我が氏神様 年に1度 数百人の善男善女が
鎮守の森 函館山中腹境内に集まるのですが
雨で皆様一堂に会する事無く残念至極でした。

夜半まで降っていた雨も もう降らせるものが無いのか
この通りのお天気です。
久しぶりの、御来光 手をあわさずには居られません。

午前六時過ぎ 津軽海峡からの お出ましです。

昨日迄の観光客の方々お気の毒でした。
今日は、暑くも無く、寒くも無い、絶好の日和になりそうです。

海越しに見えるのは 五稜郭タワー すっきりと見えるのは久しぶり

明日は、
第1回 函館ベイエリア フェスタ 2011 開催!

金森赤レンガ倉庫STAFF BLOG 様の
ブログに詳細記事が御座います。上記をクリックしてご覧下さい。


今日の様なお天気になればと願っております。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
ポチッとお願いします


| 函館散歩 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館駐屯地創立記念式典 天の恵みか?
 鈍足台風の影響でここ1週間ほど天候不順です。
一昨日も、降り続く雨で、翌日の記念式典は中止だろうと思ってました。
昨朝、雨が止み、晴れ間が見えてきました。
念の為、駐屯地に問いあわせると、予定道理挙行するとの事
陸上自衛隊 函館駐屯地

数々の歴史が御座いますが 鮮烈な記憶は、
ミグ25飛来

それに起因する平和ボケしたぼんくら政治屋と
第一線で苦悩する防人諸官
自衛隊防衛出動

あの時も、今般原発事故と同じで国民は蚊帳の外でした。
何時になったら、国は国民を信頼するのでしょうか?
政治と国民がこんなに離反した時代 合ったでしょうか?

夜明け前に止んだ雨が 8時過ぎには雲も無くなり
9時過ぎには 雲一つ無い秋晴れです。
災害派遣でくたくたの隊員への天からのご褒美でしょうか?

まず 開会は 厳かな国旗入場からはじまります

10時ちょっと前 国旗入場

国旗警衛の行進 
時折吹く強風 国旗警衛諸官 御大義で御座いました

国旗に対し敬礼 参列者も規律の上、敬礼
検閲参列部隊は、小銃に着剣の上 捧げ銃  最上級の敬礼

この後、駐屯地司令はじめ来賓の挨拶が続きます。
全てが日教組世代
国旗に対する礼も出来なければ隊員諸官への礼もお粗末です。
祝辞を長々と言いたい事をいって そそくさと壇を降りてしまう。
天皇陛下を範に というのは恐れ多い事で御座いますが、
検閲部隊の礼を待たずにいなくなるのは
礼儀知らずと言うより品格を疑います。
猿社会でも欠礼すればボスより仕置きがあります。まさに猿以下
そんな御仁を見かけました。

剣道、柔道は言うに及ばず、礼に始まり礼に終わる
学ばなかったつけが、大衆の前で恥をまき散らしております。
知らぬは、本人ばかりなり

防衛省トップがずぶの素人
こんな輩の命令で動かされる自衛官に同情を禁じ得ません。
馬鹿殿に仕える忠臣 
誰も責任を取らない文官、シビリアンが聞いてあきれます。
物言わぬ自衛官が、のびのびと任務に精励できる日が
来る事を願っております。

第28普通科連隊第1中隊の精鋭諸官
赤いマフラーは普通科職種

連隊旗を先頭に観閲行進がはじまりました。

駐屯地開放、多くの市民が楽しい1日を過ごしました。
有り難う御座いました。
| 函館散歩 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
高速フェリー ナッチャンWorld 運航中 
 今年の函館港まつりは、お天気に邪魔される事無く何よりです。
早朝は霧が深い日が続いたのですが、日中はちょっと曇りの
お祭り日和です。

函館港まつりの日程

今日は公園や空き地を利用したビアガーデン開催です。


7月29日より 8月18日迄
ナッチャンWorld  運行中

函館発  青森着   青森発  函館着
16:00  18:45  12:15  15:00
詳細は下記まで御確認を

 津軽海峡フェリー  

ナッチャンWorld

おそらく世界最高速の商用フェリーですが、
景気後退で、姉妹船ナッチャンRera 共に
腕を発揮する場所が御座いません。

バカンは脱原発で延命策を講じておりますが
人気取りを計ろうとするのであればこの2隻を
防衛省で買い上げ南方警備の尖兵に使う   
位の事を高々と打ち上げれば、
日本国民も見直すのでしょうが
宗主国が、紅や半島の からかんヘッドでは
夏の夜の夢か?

ナッチャン姉妹が、遠慮無く最高速度でぶっとばす
そんな再就職先があればと願うのですが、
尖閣列島守備には 最適と思いませんか?

| 函館散歩 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館 五稜郭公園 藤棚と ブルーギルバスターズ  
 函館地方は濃霧で視界困難な日が続きます。
晴れた日は最短距離でアプローチする飛行機が窓の外に
大きく見える事も有ります。
昨日も上空待機の末 千歳にむかう飛行機の多い事
着陸を試みる飛行機は、直線を保つ為に、松前方向から
滑走路へ一直線にアプローチする機はこの場所から確認できません
海を隔てて函館空港は霧の中、6月は霧の季節です。

この時期は、ツツジや藤の季節です。
五稜郭公園に行ってきました。

図書館横 ここが五稜郭公園で最も桜の多いところです。
1ヶ月前は空が見えないほど咲き誇った桜

その風情はこちらから 同じコースで散策しました

今は、新緑を披露しております。


観光客も ちらほら 戻ってきました。

右手には ツツジが満開です。
地元の方は、白がお好きなようです。
電車通りや道路中央部の植え込みには白系統の花が目立ちます。

私は、冬の間 雪に悩まされてきましたので赤とか、ピンク、紫等
あでやかな色に親しみを覚えます。

ここにも 白系統

橋の右側にも 淡い色のツツジ
お菓子にも 白い恋人 があるように蝦夷地の方は白がお好きなようです

五稜郭に来たら 全員が通る藤棚です。

色に拘ってますが、今年は発色がいまいちな感じがします。

首が痛くなります。

藤棚を通り抜け、左の土手を上がり上から藤棚を見ます
この位置 藤をもっとも観察できる位置です。
ここでお弁当を広げるのも一興です。
藤と、松の枝振りを眺め、季節感を堪能して、御堀端まで来ました

お堀に釣り糸を垂らす方々
お堀の周囲、あちこちでお見受けしました。
お声がけすると、「外来生物駆除ボランティア」 ご一同

手には、つったばかりの ブルーギルを見せて頂きました。
米国から渡来した僅か15匹のそれが、瞬く間に日本中の湖沼の
生態系を変えてしまいました。
このお堀に、ブルーギルを放流したのは誰なのでしょう?
事の重大さを知らず、こんなに迷惑をかけるとは
釣り師の風上にも置けません。

岸壁での釣り師の傍若無人も不快で御座います。
釣り上げたヒトデやゴミ 始末も出来ないなら
竿を垂らすな と言いたくなります。

入れ食いです。
釣り糸を入れた瞬間にもう 釣れてます。

あっというまに こんな感じです。
これだけ沢山のブルーギルがいるという事は、大和原産生物は
風前の灯火状態でしょう

大きな鯉も見かけました
おい 鯉君 君も食生活を変えて、ブルーギルの卵を食べなさい。
毛唐に負けるな とテレパシーで訴えるのですが 遊弋してます

ならば かもめ君 あれあれ 今日は全く見かけません。
人が加えた自然界への攪乱ですから、人が後始末しなければ
ならないのでしょう。
五稜郭公園の生態系を守る為、
多くのボランティアの方が外来生物駆除に邁進されておられます。
本当にご苦労様です。有り難う御座います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
ポチッとお願いします


| 函館散歩 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
どしゃぶりの谷地頭温泉にて
 昨夜 土砂降りの雨の中、谷地頭温泉へ
空いていたので、寝そべっていたらお隣からお声がけ
群馬からキャンピングカーで旅行中とか
数ヶ月の有給休暇を、震災ボランティアとして
各地で数日間転々としながら北上 
最後にご褒美として北海道旅行をしているとか

当地の 見所、お薦め場所等を知りたいとか
自分も内地人ですから、その目線であれこれご説明するのですが
地図もなく、湯舟の中では的を射た説明になりません。

一つだけ重要な事をご忠告申し上げました。
北海道は内地と同じ気分で運転してはいけません。
道路標識をしっかりみて、規定速度厳守してくださいと
事故を起こしては楽しい休暇が台無しです。

いつもは1時間の温泉、話に花が咲き30分もオーバーしてしまいました。
今頃 はこだて自由市場で海の幸を堪能なさっているでしょう
あそこは8時から営業中 その場で新鮮な魚が食べられます。
| 函館散歩 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三日見ぬ間の桜かな 函館公園で酒宴
 一昨日の函館公園
前日まで、冷え込んでましたがこの日はぽかぽかと暖かく
絶好の花見日和でした。
11時過ぎ、バーベーキュー道具一式を積み込み出発
設営場所は、昨日選んでおいたところ、
旧図書館近く、下は池を見下ろし適度にトイレ、水飲場に近い場所
帰り支度も考えての場所取り、女性の智恵です

荷物を降ろし、一行は設営準備
私は、自宅に戻り、今度は自転車で現場に出動
帰りは荷物をこの自転車に結びつけて、皆で歩いて帰ります。

時間的に早いのか、どなたもいらっしゃいません
今日は午后から冷えこみがきつくなるとの事で早めに来ましたが
ご近所がいないのは、ちょっと寂しいです。

下を見下ろせば、既に絶好調の面々がいらっしゃいました。
お声がけするには遠すぎます。

わんちゃんも 一座に加わり、愛嬌を振りまいてます。

私が自転車で到着した時、火興しも成功し準備完了でした

手前はジンギスカン、むこうがわでは焼き肉と、手が込んでます。
桜吹雪が舞い降り 気分は最高。
焼き肉の上に 花筏 それを食すのも風流です。
暗くならないと、左手が動かないのですが、今日だけは格別
どんどんと、からになる サッポロビール
蝦夷地の花見は、サッポロビールで無ければなりません。
どこの酒宴でも、サッポロビール 示し合わせたようです。
私達も、通行手形の如く サッポロビールを持参
たらなくなったら、下の屋台で札幌生 の調達

桜 桜 今年の函館公園  
最高の桜を披露してくれました。

この上 垣根付近に宴を張りました。
函館山の甍が公園になってますから、起伏が多く
こんな場所なら、絶景を見ることができます。
左下には、池があり、花筏が無数に浮いており
上を見ると 花吹雪が舞ってます。
どうして 桜はこんなに 日本人の心を打つのでしょうか

そんな絶好調の日でしたが、一夜明けると、
暴風雨、まるで台風、雨が下から軒先に吹き付けます。
完璧だったはずの防水処理、まだ何処か落ち度があったのか
1階天井に雨漏りが一カ所
多分今年はこれっきりでしょうが、気になります。
夏の仕事が増えました

咲き誇った桜、これですっかり散ってしまったのではないでしょうか
午前中には天も止みそうです。
今しか見られない桜 名残の桜を見に行ってこなければ

何もなければ、被災地の方々 同じ楽しみをなさっていたと思うと
一抹の後ろめたさを覚えます。
少しだけ出きる事をさせていただきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
| 函館散歩 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館 五稜郭公園の桜
 桜は日本人の魂の様です。
この時期、桜を求めて私も右往左往しております。
のどけからまし では御座いません

蝦夷地にも各地に桜の名所が御座います。
しかし、ここにとどめを刺すのではないでしょうか
五稜郭公園

五稜郭タワーは 桜を従えたこの位置が最も良い光景

図書館の対面あたり 
例年 バーベーキューをする光景が見られたのですが
今年は、この場所での火気使用はだめなようです。
ここを歩くのが大好きです。
上を見ると空が隠れるほどの 桜 桜 桜 

手に取れる位置まで桜が
桜切るバカ 梅切らぬバカ

数日のこの世の春を楽しんでいる桜

図書館付近から 正面にむかって歩きます。

この付近は、火気使用可能なのですが、焼き肉をする風景を
見られません。

お堀に架かる橋

橋を渡ったら直ぐに藤棚
1ヶ月くらいすると この藤棚も見事な藤のお目見え


藤棚の左側 可憐な1本の桜

先程まで工事中だった函館奉行所 今年からお目見えです。

五稜郭公園は、皆様お堀を1周されます。
はしょって 半分だけ今日は回りました。

図書館が見えてきました。 

太い幹からのぞかせた 桜 この桜には次のうたが良く合います。
散る桜 残る桜も散る桜

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ

 

| 函館散歩 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蝦夷地の交通事情と本土感覚の整合性
 冬期間通行止めだった立待岬への坂道
4月1日より鉄の門が開きました。
例年なら、我が家の前も、観光客がちらほら見かけるのですが
今年は全くその気配がありません。
自粛ムードは全国的、いや全世界的なようです。

タイでは、ソンクラーンの時期は日本人観光客で賑わうのですが
今年は日本人を見かけないとか
原発事故が安定しないと、物見遊山の気分になれませんね。

今朝の住吉浜、津軽海峡はべた凪、かがみのような水面です。
流石に雪の心配はありませんが、海は春特有のガスが
掛かっております。
ひどいときは、一寸先は闇 そんな時期になりました。

蝦夷地にきて3年
本土では、ゴールドカード 無事故無違反を誇ってました。
蝦夷地とは、波長が合わなくて 立て続けに
ちゃちな違反で検挙されました。
違反には違いないので、反論致しませんが
マッチングが悪いとしか言いようのないうっかりミス。

本土ではあの程度では というような事です。
重箱の隅をつつく 
そんなところに罠が仕掛けてあります。
水になれるしか有りません。
最近は極めて慎重な運転を心掛けております。

先日、免許書き換えで講習会受講致しました。
ゴールドを剥奪され違反者集団の受講です。
その講師の話でやっと合点がいきました。
全国一の死亡事故者数の蝦夷地
この汚名返上に、どんな小さな違反でも見逃さないとか
納得です。合点がいきました。
水になれるのが肝腎だと反省した次第で御座います。
| 函館散歩 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春に3日の晴れ間無し 立待岬に又雪か?

ぽかぽかと春の訪れを感じた昨日でしたが、夜半より
当地名物 春の強風が終夜吹き続けました。
あばら屋は、ゆさゆさと揺れ続けます。
私には想定外でした こんなに風が強いとは
原発もこの程度の脳味噌の方が設計しているのでしょうね。

津軽海峡から吹きすさぶ台風並の風
春に3日の晴れ間なし 
よくぞ先人は言ったものです。

当地では、雪解けを待ち焦がれ
あちこちで、堰を切ったように、屋根の補修工事が見かけます。
処が、今日の天気予報、
明日より函館は雪だとか、なんたる非情
スノータイヤは、物置の棚に鎮座してます。

このおうち 昨日下塗りを済ませたようですが、
今日のべっとりとした潮風にさらされお気の毒です。
こんな風の日は、車も汐まみれ
風が止んだら真っ先にやることは洗車です
これを怠ると、数年で錆びまみれの車になってしまいます。

春先から6月頃まで 雨を伴う ぶっこみ という強風が続きます。
雨が下から上に吹きつけますから、雨漏りをしないところから
雨が漏れてきます。
一昨年の今頃は、その対策で、あらゆる処にシーリング加工を
した結果 アマ漏れがピタリと停まりました。
前住人は、長年これに悩ませられたとか
どんなトラブルも同じですが、
パソコンで例えればバグを見つける それを退治する、
無線機なら、何処が壊れたか、何故壊れるのか、

原発の不手際を毎日見させられていると
我が国の将来に暗澹たる思いになります。
それでもしがみつくバカン
権力は死ぬまで離せない程美味しいのでしょうか?
チャウセスクのようにならなければよいが

トレンチから水が溢れるのは、他方から散水しているから
バカでも判る理屈です。
ちまちました事しないで 50萬トンタンカーを沖掛かりし
ドレインをそれに吸収させれば良いでしょう。
小出しにするからいつまで経っても尾を引きます。

トレンチとは、塹壕(ざんごう)の事
第一次世界大戦は、塹壕戦でした。
塹壕といえば、マジノ線
モグラのように、土を掘り、その中の兵士は泥まみれ
万里の長城を作るバカ、マジノ線を作るバカ
壊れる原発を作るバカ、始末も出来ないバカン

そぼ降る氷雨の中、兵士の命を守ったのがトレンチコート
今をときめくブランド アクアスキュータム
英国の服屋 その出発点はここだとか

トレンチコートを一躍有名にしたのが
ハンフリーボガート
ボギーといえばこれ
カサブランカ
昔の映画は、するめのようです。
何度見ても、味わいが御座います。




 




| 函館散歩 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

グルメ ブログランキングへ