プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< 天皇家への非礼 自民党よ おまえもか | main | ほしあわび 和風仕立て >>
韓国即席あわびがゆ ご注意! 
 某国のイージスさん からの引用です。
韓国即席粥から細菌ウジャウジャ!
シンガポールだけの問題ではありません。
我が国でも輸入されており 通販で購入出来ます。
ミンス政権で緩和された特亜からの輸入
どうして元に戻さないのでしょうか?

食を提供する調理人は、衛生には細心の注意を払います。
自らが食中毒の種を撒くのは恥ずかしい行為です。
肝は腐敗しやすいですから、殻からはずして直ぐ調理 
もしくは塩辛等の加工をします。
あわびがゆで何故 細菌が混入するのでしょうか
加熱時間が長く、最も食中毒から遠い調理法なのですが、

全ての規則が無視される国。
積載量を増加さす為、バラストを抜く考え
日本人の思考過程では発想さえ出来ません。
これと同じで、長時間加熱するあわびがゆの細菌ウジャウジャ
もウリナラマジックなのでしょう。
日本もこの食品が出回っています。
自分の身は 自分で護れ 
危険な食品(危ない国の製品)には見向きもしないのが宜しいようです。

あわびがゆ。 彼の国で 昔こんな体験を致しました。
粥を探して 釜山探訪その2 済州家〜東莱ハルメパジョン
看板に偽りあり
あの時は不信感で一杯でしたがいまなら納得致します。
| 料理 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1268395

グルメ ブログランキングへ