プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< おせち 至高の乾貨漬け   | main | 乾鮑と鮑のコラボ煮込み >>
包丁の研ぎ方 百聞は一見にしかず
 包丁は料理人の命です。
月の法善寺横町
この歌の歌詞にも御座います。

私は滅多に台所に立ちません。
包丁なんぞ、何の興味もありませんでした。
数年前より、時々調理をする様になると、
気になって仕方が無いのが包丁の切れ味です。

道具が手足の様にならなくては職人ではありません。
自分なりに研ぎ、道具が悪いのだろうと包丁を買い求めるのですが
どうにも手に馴染みません。
思った様な切れ味にならないのです。

先日、デパートで研ぎ師の作業を見る機会が御座いました
百聞は一見にしかず
職人さんの動きを拝見して思い当たる事が御座います。
帰宅して あの作業を思い浮かべながら研ぐ事しばし
切れ味鋭い包丁が仕上がりました。
ユーチューブでも、気迫までは映りません
 
その時に頂いたパンフレットはこれ
木屋 包丁の研ぎ方
ここの包丁 私専用 3本愛用しております。


人気ブログランキング
↑ポチッとクリック御願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中華料理(グルメ)へ
ポチッとお願いします
| 料理 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1268365

グルメ ブログランキングへ