プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< ほしなまこ がごめ昆布の松前漬け | main | 試作 干し海鼠の松前漬け 干し貝柱も入れてみた >>
冬将軍と消防車
 外気温−4度。窓は凍結して開きません。
聞き慣れたエンジン音を久しぶりに聞きました。
開かない窓から覗くと

積雪時、或いは凍結がひどい時は消火栓を鬱がないように
マンホール上に溜まった雪を隊員さんが除雪していきます。
消火栓からマンホールの止水弁までの間が
凍結しては、火災発生時に放水できなくなります。

当地初心者の頃の苦い思い出
マンホールの上だけすっぽりと雪が無いので、これ幸いと
排雪を積み上げ ご近所様から笑われてしまいました。
それ以後、マンホールの除雪を心掛けております。

さて、今日は、雪も無いのに何事かと 見ていると
マンホールに溜まった水の排水作業の様です。
寒冷地の消防隊は大変です。
普段から給水確保が重大な任務で御座います。
雪国では、ちょっとした油断が命取りになります。
ご苦労様で御座います
| 津軽海峡地域 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1268350

グルメ ブログランキングへ