プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< 江差追分全国大会 今週末 | main | 干しつぶの大根煮 >>
自由のはき違えか!

昨日は土砂降りの雨、鎮守の守、住三吉神社の例大祭
それに続く大抽選会は本日に延期されました。
念に1度 住民が大挙して集まる社交の場です。
午后三時過ぎ 中止を告げる広報車に皆様がっかりした事でしょう。
そういえば、先週末も 函館バル 
午后から大雨で散歩どころでは在りません。
今年は雨に祟られております。今夜までにあがってくれれば
良いのですが、

昨日今日、阿保四人組が紅国で大歓迎を受けております。
それをこぞって流すマスゴミ 知性、愛国心のかけらもない
視聴率さえ上がれば何でもあり そんな姿勢が垣間見られます。
以下の文面、大変共感を覚えました。
チャンネル桜よりのメール 転載で御座います
日曜 朝の一時 じっくりご覧下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【巻頭エッセイ】

「フジテレビこそ、私たち戦後日本国民の姿だ」

                 日本文化チャンネル桜代表 水島 総

古代ローマの詩人ユウェナリスが、ローマ社会の世相を揶揄して使用
した表現に、「パンとサーカス」がある。
権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」に
よって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘したもので、
愚民政策の例えである。
外国人傭兵制度とともに、ローマ帝国滅亡の原因だとも言われている。

歴史は繰り返すというが、極東アジアに、規模は小さいが、
似たような国がある。
国防を外国傭兵に任せ(日米安保の米軍)、民主党マニフェストの
ばら撒き政策、そして「楽しくなければテレビじゃない」という
テレビメディアからの娯楽等々、怖いくらい状況が似ている。

我が日本国も、どうやら急速にローマと同じ道を進んでいるようだ。

そのローマ帝国の「サーカス」に相当するのが、
戦後テレビメディアである。
戦後日本において、マスメディアは第四の権力と呼ばれるまで
大発展した。
特にテレビメディアは、新聞大手各紙を既に影響下に置くまでに
なっている。

しかし、権力は腐敗すると言われるが、
第四の権力のテレビメディアも例外ではない。
中でも、フジテレビは戦後日本のテレビメディアが辿った歴史の
典型例である。

フジテレビは、二十数年前まで「母と子のフジテレビ」という
キャッチフレーズで、「健全な」番組編成を行い、
しかし、酷い低視聴率に苦しんでいた。

そこに大戦略転換が起こった。
「楽しくなければテレビじゃない」の方針転換である。
これはすべての番組編成を「楽しい」娯楽に変える
一種の革命的方針転換だった。

ニュース報道さえ、エンタテインメントとしてニュース「ショー」と化した。
ワイドショーとニュース報道との区別がなくなっていったのである。
ニュースキャスターたちも、一種の時事エンタテイナー(電波芸者)に
変わった。
テレビは完全なショービジネスの演芸場と化したのだ。

各家庭のお茶の間もまた、演芸場と化した。
視聴率は急速に上がり、フジテレビは民放トップのテレビ局に変貌した。
そして、この流れはテレビの世界全般に及び、
NHKまで含む主流となった。

しかし、失われたものもあった。
公正なジャーナリズムとしての「報道」や社会「教育」機関として、
テレビメディアに求められた放送倫理である。
道徳、誠実、真面目さなどが失われ、それらはむしろ
笑いの対象とされるようになった。
その流れは、今年の「FNS27時間テレビ」のテーマ
「笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃーん!!」 にも
引き継がれている。

この結果、地上波テレビ局には、公共電波を国民から借りて、
商売をさせていただいているという感謝と報恩の気持ちや責任感が
失われ、日本のデフレ不況の下で、なりふり構わぬ金儲けに走り、
安手な番組製作に走るようになった。

それにつけこんだのが、韓国政府自らが主導する
韓国人のイメージを高めようとする「韓流」アピール戦略だった。
広告代理店電通の主導のもとに、フジテレビは率先して
この流れに乗った。

もはやフジテレビには、電波を日本国民から信託された
日本国民の放送局である自覚と責任感が失われている。
韓流ゴリ押し推進は、このような構造的な日本のテレビメディアの
腐敗堕落の結果なのである。

しかし、腐敗堕落したのは、テレビメディアだけではなかった。
テレビメディアとともに、バブル時代から戦後日本社会も変わったので
あり、日本社会そのものが「楽しくなければ日本じゃない」という価値観
社会に変わったのだ。

このキャッチフレーズこそ、敗戦後から戦後日本社会に残存し続けて
きた「母と子」の家庭を中心とする日本の伝統的価値観から、
笑い歌い踊り楽しむ、まるで、毎日がお祭りのような日常であるべき
との価値観に、日本社会全体が変貌した象徴的表現なのだ。

つまり、「母と子のフジテレビ」から
「楽しくなければテレビじゃない」という番組製作コンセプトの転換で、
日本一のテレビ局に躍り出たフジテレビの姿もまた、
戦後日本が世界のトップを争う物質主義と経済至上主義の国に
変貌、転換していくその姿を見事に体現したものであったのだ。

フジテレビの腐敗堕落は、私たち戦後日本国民の
精神的腐敗堕落の体現であり、私たちは同じ穴のムジナであるという
痛苦な自覚が必要なのである。

戦後日本からの脱却は、そこから始まる。
徹底的なメディア批判は、私たち戦後日本人の在り方そのものへの
徹底批判につながるべきものだ。

今、マスメディアが溶解し始めている状況は、
私たち戦後日本人が溶解しているのだと考えるべきである。
その徹底的な検証が必要とされているし、それをしなければ
再出発は無いのである。

かつて、テレビは戦後日本の国民にとって、一種の社会の窓(報道)
であり、また、大人と子供も参加出来る演芸場(娯楽)であり、
かつ、学校(教育)でもあった。
四十年前、現在のテレビ朝日が、日本教育テレビ(NET)と
名乗っていたことは象徴的なことだ。

つまり、テレビは、戦後ずっと、戦後日本社会そのものを体現し、
戦後日本の情報源の全てだったのである。
それが昭和の終わりごろまで続いていた。

戦前完全否定の文化政策は、アメリカの占領軍総司令部(GHQ)に
よって、新聞ラジオを通じて行われたが、
テレビはさらに絶大な力を発揮した。

最大の成果は、日本の伝統的な家庭像を破壊したことである。
テレビが家庭に入り込み、茶の間の家族の中心に位置するようになると、
父親の権威が完全に失われた。

それまで父親は、家長として茶の間の座卓の中心に座り、
社会とのつながりを持つ唯一の大人として権威を保ち、
また、子供に社会教育を行う者としての権威を保ってきた。
しかし、テレビが茶の間に侵入したことによって、
家族の視線が、父親に向けられなくなった。
そればかりか、お互いの家族を見なくなり、
家族全体の視線がテレビに集中するようになった。

視線だけでなく、それぞれの家族の意識も思考も
テレビに集中するようになった。
家族同士の直接的な視線の交流や会話が途絶え、そして破壊された。

これは重大な出来事である。
すべてが、テレビを媒介にして家族が結びつくように変化したのである。
そして、父親よりも「偉い」テレビ出演者たちがもたらす社会の情報は、
それまでの父親の権威と役割を簒奪し、テレビがとって代わった。

小津安二郎が戦後描いた日本の伝統的な家庭像と家族の絆は、
こうしてテレビによって完璧に破壊され、
個人単位にバラバラにされたのである。
独身者がアパートに戻ると、何はなくてもテレビのスイッチを入れると
いうのも、失われた家族イメージや社会とのつながりを求めて、
独りぼっちの不安を解消しようとする代償作用である。
この点については、もっと私たちは重大視すべきなのだ。

戦後社会にあって、テレビは、家庭に代わって、報道、娯楽、教育を司る
絶対的な権力として、日本国民の前に立ち現れた。
テレビメディアは、次第に巨大化し、新聞までも影響下に置くようになり、
あらゆる情報を独占し、自らの恣意で情報を選択し、
それを下々の民に分配するという構造を築き上げた。

それを主導したのは、巨大広告代理店電通だった。
国民からタダ同然で、独占的に貸し与えられている公共電波を持つ
テレビ局に、電通はスポンサー企業を提供して巨大化し、
テレビ局自身も、実際の番組製作を下請けプロダクションに発注して、
汗をかくことなく金儲けに邁進できる独占的な情報産業システムを
作り上げたのである。

その電通とテレビメディアが一緒に日本国民への
「一大洗脳工作プロジェクト」を実行したのが、韓流ブームだった。
韓流ブームは、「楽しくなければ世界じゃない」と浮かれ騒ぐ日本社会の
精神的空白、空隙ギャップを埋めるかのように開始された。

以来、韓流キャンペーンは、様々に形を変えて、マスメディアを巧みに
利用しながら、繰り返し推進され、三月十一日の未曾有の大災害と
原発事故勃発の中にあっても、テレビの「韓流」番組や韓流タレントの
日本流入は、益々、浸透拡大しているように見える。

しかし、今ある韓流の浸透現象は、
本当に電通のメディア工作が功を奏しただけなのだろうか。
もちろんその要素は大きいが、私はそれだけではないと思っている。

これが最も大事な点だが、「韓流」といわれるドラマの表現や
歌や踊りの中に、あるいは韓流スターの姿に、
フジテレビの「楽しくなければテレビじゃない」世界に欠けている要素、
日本のテレビが今、視聴者に提供出来なかった要素、
すっぽり抜け落ちている精神的要素が潜んでいたのではないかと、
私は不安に思っているのである。

結論的に言えば、日本国民全てが欲望の赴くまま、貪り、遊び、笑い、
浮かれていた日本社会の精神的空洞を埋めるように、
恋人や家族間の直接的な愛憎や孤独、怒りや悲しみ、苦しみ、
泣き笑い等々、そんな人と人の直接的な心の絆を求める
日本人の心の空白を埋めるように、
韓流ブームは始まり、浸透し始めたのではないか。

戦後日本社会、とりわけバブル以降の日本社会が、意図的に無視し、
捨てようとしてきた「日本的なるもの」の疑似世界として
韓流が日本社会に逆輸入され、日本社会の空白、空隙をついて
入りこんだような気がする。

しかし、ほとんどの日本人は、
それが似非であることを勘付き始めている。

韓流ブームは、日本人の「魂の危機」「魂の空白」を、
反面教師として教えているのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
芸人の矜持として 恥ずべき事
シモネタで笑いをとる事。
子犬、子猫、赤ちゃんをネタに感動を誘う事
相方をくさす、どつく事 だそうです。
これは芸では無い、恥ずべき事

師弟関係、口伝で厳しい伝統芸を受け継ぐ芸人ならではの言葉ですが、
いまは 吉本の 青田刈り 芸も何も無いやつを
引っこ抜いて野に放つから、しきたりも糞もありません。

今、その全てが、まかり通る テレビ界 
恥欠く、義理欠く、人情欠く ge-no-jin

芸=職と考えれば厳しい社会ですが
あれを見ていると実にお気楽 芸nojin 
学芸会レベルの芸など見たくもありません。

こんな処に、国家財産である電波を与えている国家にも
問題があると思います。
戦前は、電波を出す側だけで無く 受信する側にもそれなりの
資格が必要だったとか。
資格が無ければ、ラジオさえ聴けない時代があったようです。
何でも自由化 挙げ句の果てには、犯罪者にも敬語を使うマスゴミ
これが本当の自由の国 理想の国なのでしょうか?

| 大和心 | 09:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
何事につけても新しがり屋の日本人が、時代遅れの精神生活を送っているのはどうしたわけか。

日本人には、意思がない。だが、恣意がある。
だから、意思を恣意と間違って解釈することになる。
すると、以下のようなことが起こる。

西洋文化の輸入も、意思がなければ支障をきたす。
意思の自由は考えられるが、恣意の自由は考えられない。
恣意の自由は、<自由のはき違え> となり、自由主義の普及も難しい。
意思は自由主義・個人主義の友人であり、恣意は利己主義は不自由主義の友人である。
不自由を常と思えば不足なしか。

政治指導者の意思決定はなく、その恣意決定は受け入れ難い。
意思の表明は成り立つが、恣意の表明は成り立たない。
日本人の声明発表はうつろに響く。その形式的な声明には、実行の意思がないからである。
そして、きれい事というか、空理空論には現実対応策が欠落している。ああ、むなしい。

意思があれば、罪もある。
殺意があれば、殺人罪である。
殺意がなければ、たとえ人は死んでも、死刑執行人は罪に問われることはない。

日本人には意思がない。
意思は、未来時制の内容である。
日本語には、時制がない。

意思薄弱とも思える日本人の社会では、意思を確かめることは難しい。
人々は個人の意思を確かめるこなく、個人の恣意に関する察しに専念する。  
察しにたけた人物は、思いやりの深い人間として信頼されている。
だから、裁判員になることについて、日本人には多大な精神的抵抗がある。
罪の意識のない社会では、人々は罪を裁くことを望まない。<責任者を出すな> と叫ぶ。

日本人には、意思 (will) はないが、恣意 (self-will) がある。
成案はないが、腹案がある。
意思・成案を表すのには、文章が必要である。相手がその矛盾を指摘することもできる。
だが、恣意 (私意・我儘・身勝手)・腹案には、文章は必要ない。
恣意的な人間は、言語に不自由をしている子供・アニマル同然である。大和魂の持ち主のようなものか。ど根性か。

日本人が子供に見えるのはこの時である。
周囲のものが指導者の意思を察するのである。ただ意向というか、はっきりしないものを察するのである。
政治家と公設秘書のようなものか。一致団結して阿吽の呼吸でやる。
俺の目をみろ 何んにもいうな 男同志の 腹のうち。腹案がある。共謀関係の立証は難しい。
察しは他人の勝手な解釈であって、いざ罪のありかを定める議論になれば、それでは証拠不十分となる。
意思の存在を認めることのない社会で、意思の有無を確認することは難しい。

腹案の内容は、腹を割って見せなくては知られない。隠ぺい体質の産物である。
それには談合が必要である。小言、独り言の類が語られる。
内容は、決して公言・宣言としては表明されることはない。

恣意を文章にすることは、英米人はやらない。
理性を失うことは、恥ずかしいことだからである。
やれば、周りの者から嘲笑される。
彼らは、'Shame on you!' (恥を知れ) と言って、相手をしかりつける。
だが、これを日本人はやる。この種の恥は、日本人にはない。
これを '本心をさらけ出す' と言い、内々で甘えさせてもらうのである。
相手は、'真意は何か' と尋ねる。
この行為が英米人の日本人に関する不思議である。

恣意的な人間は、滅私奉公により調教された。わが国の伝統的な人間教育は、序列人間を作ることである。
意思を認めることのない社会での責任者探しは難しい。無責任な社会では、それ特有の犠牲者を出さなくてはならない。
だから、日本人は恣意の理不尽に耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで生活する必要があると教えられている。

意思があれば、その内容も明らかにすることができる。
意思の内容に賛同して、協力者も現れる。
恣意であれば、その内容も明らかにすることがでない。
恣意は誰もが嫌うので、協力者が現れることもない。
日本人は、戦争のときでさえ、絶対的な権力者を作ることはなかった。

文章が無くては、議論は始まらない。
無理が通れば、道理が引っ込む。だから、問答無用である。
上下関係で決着をつける勝負の世界である。猿山のサルと同じかな。
自分の(恣)意のままにならぬ相手を切って捨てるところが恐ろしい。

世俗的なものの上下を知らなければ、礼儀正しい日本人になることも難しい。
日本人の礼儀作法は、序列差法だからである。序列なきところに礼儀なし。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.
| noga | 2011/09/19 2:30 AM |

寺嶋真一様

コメント誠に有り難う御座います。
皆様にもこのコメント、ご覧頂きたく、明日のブログに転載させて頂き宅御願い申し上げます。
http://musen8.jugem.jp/?eid=1268320

明日午前七時頃投稿予定で御座います。差し障りが御座いましたら、それ迄に御連絡頂ければ削除致します。
宜しくお願い申し上げます。
コメント 有り難う御座いました
| 乾鮑厨師 | 2011/09/20 2:49 PM |










http://oomaya.musen8.com/trackback/1268317

グルメ ブログランキングへ