プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< 博打で栄えた国無し シンガポールよ お前もか? | main | イポーマジェスティックホテル 白人搾取の証し >>
長距離バスの利用法   ラーキンバスターミナル
この1ヶ月 濃霧の日が多く今日も函館山がかすんでます。
今日も上空待機の上ダイバートの航空機があるでしょう。
明日は7月だというのに、未だストーブ上の薬缶が沸騰してます。

さて 今日はバスターミナルのお話しです
自分で運転していても酔っ払ってしまうので滅多な事では
バスを使う事はありません。
海外で長距離バスは、空港から以外は利用した事がありませんので
使い方も判りません。

日本は 1極集中ですからバスターミナルも賑やかなところに有ると
思っておりました。
ジョホールバルの中心地のバスターミナルでは、イポーにいく
バスが見付からないわけです。
イポーにむかうバスは、ジョホールバル郊外から出ております。

以下はその時の話し

インドシナ バス交通の仕組み

ジョホールバルからイポーへ


これは 休憩した折の写真です。正面は食堂、
朝食後、口には何も入れません。喉も渇きを癒すだけ
それが効を奏したか、酔う事も無く快適なバスの旅でした。

こうして 1年前を振り返ってみてますが、苦手だったバスの旅も
コツさえ覚えれば、楽しく、便利な方法だと思います。
鉄道本数の少ない国では、無視できないバスの旅
気に入った場所でふらっと降りるのも良いかなと思った次第です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
ポチッとお願いします


| 海外旅行 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1268266

グルメ ブログランキングへ