プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< やっと本来の気候 函館山 | main | 政府の無策 怒りを禁じ得ない >>
朝日のあたる家
0700曇り 外気温13.9度 室温20.3度 風無く波静か 視程20km

 1年中 朝日を浴びるこの部屋ですが
秋になると日差しも柔らかく ここ数日 朝日は、
冷え切った部屋を心地よく暖めてくれます。
函館空港付近から昇る朝日は神々しさを感じます。

こんな 曲を聴きたくなりました。
やはり 本家本元アニマルズ

  朝日のあたる家  
 The HOuse of the rising Sun
  
高校生時代 ラジオから流れる曲に聞き耳を立ててました。
エレキの前奏と 甲高い声は、新鮮でした。
歌詞の意味も判らず聞いておりましたが
今 調べてみると、えらい歌詞ですね。

   朝日のあたる家 ちあきなおみさん

  朝日のあたる家 ジョーンバエズさん

男性が歌うと、朝日のあたる家は 少年院
女性が歌うと、それは、娼婦の館とか
我が家は、奇人の館

昭和39年(1964)のヒット曲
新幹線が開通し、南ベトナムに軍人政権が誕生し
海外渡航自由化で1人 年1回 500ドル迄の制限付き
そして東京オリンピック
日本は、これを機に、右肩成長が永遠に続くと思われた時代でした。

免許を取れば、会社はキャでラックで迎えにくる と先生は言う
就職浪人など、夢にも想像できない古きよき時代でした。

朝日は何時の世も、明るい未来を告げておりますが
この国の舵取り、正しいとは思えない数日間で御座います。
平和すぎると、賢人は育たないのでしょうか?
| むかしばなし | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1268007

グルメ ブログランキングへ