プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< 函館空港 政府専用機飛来 場周経路とは | main | お巡りさんに  「免許証拝見」と言ってみた! >>
函館 バル街 9月11日 フラメンコ 見られます。
0620 外気温20.6度 室温22.8度 曇り 東の風強く浪高し 視程6km

津軽海峡から吹く風は強い潮風です。東風が収まると先ずやる事は洗車です
これを怠ると、新車もあっという間に、錆だらけになります。
昨日の洗濯物も、乾燥したものをなめるとしょっぱい、
こんなお天気では外に洗濯物を干せません。
海岸地域に住むものの、宿命で御座います。

この地区は函館山麓、北海道で一番はじめに開けたところです。
山の手地区、西地区と呼びますが、旧市街とも言います。
史跡、旧跡が多くあり観光客が真っ先に訪れるところです。
その地に点在する、飲食店が、年に数回 「バル街」と言う催しをします。

    バル街はこちらをクリック

バル街の説明については、上記ホームページからどうぞ。
当日のイベントはこちらをクリック

安い金額で、多くの飲食店を、はしごできる絶好の機会です。
こんな時に、函館を訪れると、普段と違った楽しみ方が出来ます。
当地は北洋漁業が下火になった頃から若者の就職先が無く普段は
あまり若者を見かけません
この時だけは、どこから涌いて出てくるのか
夜の、十字街電停に止まる電車は若者で満載です。
十字街を中心に西地区は若者で賑やかになります。
北洋漁業華やかな頃も、こんな雰囲気だったのでしょうね。
今回は、金森倉庫のビアホールでフラメンコも見ることが出来ます。
これを見逃す手はありません。お楽しみ下さい。

昔々スペイン ラスパルマスで、フラメンコを見たことがあります。
踊りは言うに及ばず、ギターに聞き惚れました。
激しいタップと、飛び散る汗に、スペインの情熱を感じました。
ブランデーボトルの先につけたろうそくの明かりも印象的でした。
洞窟のようなところだったと記憶します。
その前後は、勿論近くのバルで一杯やります。
たこのマリネや、鰯の塩焼きに、白人もこんなの、食べるのかと、
びっくりしながら、日本の居酒屋のように、目の前の皿から勝手に
つまみをとりだし、ビノやセルベッサで痛飲したことを思い出しました。
立ち飲みで隣と肩が触れあいますから、自然にうち解けます。
スペイン人は愉快で話し上手、聞き上手ですから、飲み仲間に最高です。
何を喋っているか判りませんがお互い、楽しさだけは伝わって来ました。
その時の会話で、「オッタッタチンコ」と言う言葉を覚えました。
れっきとしたスペイン語です。
ついでに、オランダには「スケベニンゲン」と言う市があります。

そんな、楽しい出会いを求めて、「函館バル街」にお越しになりませんか!
普段は、よそよそしくても、一杯飲めば 皆 仲間です。
この時期、ビールが旨い。サンマが旨い。
どこかのバルでサンマを出してくれるでしょう。
にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッとお願いします





| 函館散歩 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1245662

グルメ ブログランキングへ