プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< ある日の 函館空港 着陸複行  | main | 函館 五稜郭公園 花見 予行演習 >>
住吉浜 カモメの水兵さんとサーファー

かもめのはんちょうどの 今日は従卒を従えております。
たいちょーどのは威厳を持って 微動だにしません。
従卒は遠慮がちに、煙突から落ちそうになりながら身繕いをしております。

班長殿の部下なのでしょう。
「かもめのぺいぺい」さんは一段低い屋根の上で上官に敬意を表して
控えております。
上官はゆったり足を休めることが出来るのですが、部下は直立不動です。
上官殿のまねをすると屋根から真っ逆さまに落っこちてしまいます。

その近くでは、サーファーを見かけました。。
今年初めての光景です。午后の方が良い波が出るのでしょうね。
午后2時過ぎから、暗くなるまで、これから雪が降るまで毎日見かけます。
サーファーは遠方から見える方も、中にはいらっしゃいますがほとんど
近くの方です。
ここの波が好きで、退職後、近くに居を構え、サーフィン三昧のようです。
いや サーフィンの後の、谷地頭温泉が良いのかも知れません。

班長殿と部下、サーファーの位置関係です。写真ではサーファーが映って
おりませんが、はんちょうどのの ました付近で波に乗り住吉浜迄
波乗りです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッとお願いします





| 函館散歩 | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1135044

グルメ ブログランキングへ