プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< じゃっぱ汁 住吉浜風 と 鱈の昆布締め | main | 住吉浜 カモメの水兵さんとサーファー >>
ある日の 函館空港 着陸複行 
函館空港の進入経路付近に位置する我が仕事場は、気温が高くなると
定期便をよく見かけるようになります。
その日は、全国的に陽気も良く、眠気を催すような気温でした。
いつもより大きな音がするので、外を見るとえらい近くを飛んでいきます。
高度が低すぎると思いながら、航跡を追うと、千代台公園上空で90度
カーブし、湯の川温泉上空では高度が低すぎます。
更に見ていると、空港手前で、エンジンを吹かして着陸複行です。
Tuch and go!  機は場周経路を右旋回、津軽海峡上空からアプローチの
やり直しです。
今度は普通の高度から進入、危なげなく着陸しました。
この時の、乗客 徳をしたと思うのは「空チャン」だけですね。
1度しか味わえない、着陸を2度楽しめたのですから、

冬の函館空港は、海からの強烈な横風と、雪による視界不良で着陸が
難しい空港の様ですが、松前付近から進入するので、着陸複行は、滅多に
有りませんが、これからしばらくは、経費節減でしょうか
ショートカットする飛行機が増えこんな風景を楽しむことが出来ます。
住吉浜は、飛行機の接近から搭乗ゲートに横付けまで全部視界に入ります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
ポチッとお願いします





| 津軽海峡地域 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1132815
函館推進室から・・・
やっぱり奥が深いよな函館知りたいことが沢山ありますね。ある日の 函館空港 着陸...
| 函館 | 2009/04/15 6:13 PM |

グルメ ブログランキングへ