プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< 乾鮑 お父さんの為の料理講座 5 | main | 函館風手こね寿司 >>
乾鮑 お父さんの為の料理講座 6 調理の福産物 芙蓉鶏泥 
昨日の記事で、かに玉のようなもの 簡単にレシピ紹介です。
スープは和洋中を問わず、濁りのない物を良しとします。

濁りをとるために、鶏泥の手法を用いますが
あの通り物の見事に透き通ったスープが出来ます。

問題は残ったミンチ状のもの
鶏そぼろにしても良し、肉団子も良し、
今回は、お父さんの調理ですから手際よく簡単に 
ということでかに玉もどき 
名づけて「芙蓉鶏泥」ふようじいでい を作りました。
福産物 誤字ではありませんよ、副でなくこれも主役並です。

材料
鶏泥
卵 6個
白ネギ 少々
タケノコ 薄く切ったもの 少々
グリンピース 少々
戻した椎茸 少々

甘酢あんの材料として
スープ 100cc
醤油 大匙3杯
紹興酒 又は日本酒 小匙1杯
砂糖 小匙 3杯
酢 大匙 3杯
最後に加えるものとして 水溶き片栗粉 大匙3杯

作り方
卵を割りほぐし、鶏泥を入れ、ネギ、タケノコを加えて
材料がよく馴染むようにする。
あんの材料も同じように混ぜておく
フライパンは煙が出るくらいよく熱しておき
サラダ油をたっぷりなじませ
材料を加えて、半熟状態になったら、裏返して、ほぼかたまった位
真ん中が半熟くらいで、皿に移す

フライパンを洗って、加熱し、あんを入れてかき混ぜ
椎茸を加えて煮込み、最後に水溶き片栗粉をくわえ、
照り とろみが出てきたら
ごま油 小匙1杯を加えてから 鶏泥にかける
グリンピースを彩りにのせて出来上がりです。
上等のスープをたっぷり吸った鶏泥 美味しいわけです

にほんブログ村 グルメブログ 中華料理(グルメ)へ
ポチッとお願いします







| お父さんのための乾鮑講座 | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1098923

グルメ ブログランキングへ