プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
<< CF−R3 トランセンドSSD 認知成功 先人に感謝 | main | 函館 住吉浜から津軽海峡の朝焼け >>
CF−R3 SSD ピン折り無し 対策ケーブル完成
昨日より、SSDの起動試験を繰り返しておりますが、
1度のエラーもなく認識してます。
原因がわかれば当然のことですが、もやもやが晴れてすっきりしました。

認識しない事を思うと、これで良しとしなければならないのですが、
人の欲はきりがありません。もっと もっとと 果てしなく続きます。
やはり、再起動時にもちゃんと動作するようにしたい。
インピーダンスミスマッチングならバッファー回路でも とか
最初はSSD基板にてんこ盛りの部品で雑然と試作回路
次は肥大化したパーツを機能を落とさず、省略していきます。

結局、この様になりました。
出来てしまうと、「コロンブスの卵」です。
しかし、SSDのフタを開けること自体、保証対象外となります。
SSDに、手を加えては意味がない、
なんとか、ケーブル側で処理できないかと、、、、、、、

こんな物が完成しました。
SSDにも、マザーボードにも手を加えません。
運悪くはずれのSSDを掴んだ方、このケーブルに差し替えるだけです。
検証は、トランセンドSSDでしか、やっておりませんが、
IDEコントローラーにJMF601/602を使っていてSSDを認識
しない場合、このケーブルで対処できると思います。
無線ラボで発売を開始いたしました。
41ピン折り無し、SSDには、全く手を加えませんから安心です。

無線ラボ お薦め商品はこちらをクリック
こちらをクリック


また、1番ピン しきい値を求めての実験は下記から
昔エレキ少年 トランセンドSSD 相性判定法は
こちらをクリック



にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします






| ノートパソコン 改造他 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://oomaya.musen8.com/trackback/1088834

グルメ ブログランキングへ