プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
CPU使用率100% 遂にお釈迦か 我が母艦
 7年前にタワーパソコンを組みそろそろ寿命かと
思いながら使っておりましたが、昨日から処理速度が
桁外れに遅くなりました。
Cドライブの余裕が一割を切り、それが原因かとデータ移行や
掃除して三割を確保
しかし CPU使用率は100%のまま

休暇前は何ともなかったので、その後パソコンに何をしたか
惚けた頭の記憶を呼び戻すと、
クイックタイム ビデオ再生動作が不規則なので削除
再インストールしてから と 思い当たる事があります。

タスクマネージャーでCPU使用率を見ると
apple mobile device が98%を示しております。
iPhoneには 必要なソフトなのです
今迄はこんな事無かったので腑に落ちないのですが
先ず、このデバイスを削除 すっきり動くようになりました。
次は再インストールして、対策を検討する事になります。
原因を割り出し取り除くのが延命策。
我が母艦 いまだ主力なり。 

中国鉄道事故
残念ながら 起きてしまった事は仕方が無い
しかし 再発防止に原因徹底追及をするかと思いきや
証拠隠滅の為、列車を墓石にしてしまう狂気
しがない修理屋でも、原因究明の為 現場保存は当たり前です。
原因追及、反省をしない体質では、何度でも同じ過ちを犯します。

数十年の智恵の積み重ねが走る凶器を無事故に制御してます。
形だけぱくっても、すっからかんののうみそでは結果は目に見えてます。
にもかかわらず、翌日から平気でそれに乗る命知らず
そちらの方に、驚きます。 
| ノートパソコン 改造他 | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 SSD ピン折り無し 対策ケーブル完成
昨日より、SSDの起動試験を繰り返しておりますが、
1度のエラーもなく認識してます。
原因がわかれば当然のことですが、もやもやが晴れてすっきりしました。

認識しない事を思うと、これで良しとしなければならないのですが、
人の欲はきりがありません。もっと もっとと 果てしなく続きます。
やはり、再起動時にもちゃんと動作するようにしたい。
インピーダンスミスマッチングならバッファー回路でも とか
最初はSSD基板にてんこ盛りの部品で雑然と試作回路
次は肥大化したパーツを機能を落とさず、省略していきます。

結局、この様になりました。
出来てしまうと、「コロンブスの卵」です。
しかし、SSDのフタを開けること自体、保証対象外となります。
SSDに、手を加えては意味がない、
なんとか、ケーブル側で処理できないかと、、、、、、、

こんな物が完成しました。
SSDにも、マザーボードにも手を加えません。
運悪くはずれのSSDを掴んだ方、このケーブルに差し替えるだけです。
検証は、トランセンドSSDでしか、やっておりませんが、
IDEコントローラーにJMF601/602を使っていてSSDを認識
しない場合、このケーブルで対処できると思います。
無線ラボで発売を開始いたしました。
41ピン折り無し、SSDには、全く手を加えませんから安心です。

無線ラボ お薦め商品はこちらをクリック
こちらをクリック


また、1番ピン しきい値を求めての実験は下記から
昔エレキ少年 トランセンドSSD 相性判定法は
こちらをクリック



にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします






| ノートパソコン 改造他 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 トランセンドSSD 認知成功 先人に感謝
自作パソコンの世界では相性問題は避けて通れません。
今回のSSDも釈然としないまま、「ポチ2号君」は開腹されたままです。
暇を見つけて、何時でも取りかかれるように、スタンバイ体制でした。
先人も、ご苦労なさっているようで、その快挙の一部始終は下記の通り
TS64GSSD25-M のクチコミ掲示板はこちら


当方の電圧測定では、1番ピン
起動したトランセンド 64GSSD 2v
    不動SSD        0v
純正ハードディスクは、4.88vでした。
つまり、起動したSSDも2Vの不安定な電圧だったようです

1番ピンはリセット信号でHiレベル(5v)でSSDを認識
0vでリセット動作する そんな動作のようです。
折角ですから、1番ピンのオープンを安定した電圧を加えてみます。
オープンでは不安定なので、電圧を与えた方がよいと思いましたが!
41番ピンの3.3VをR38(33Ω)に給電します。
写真で判別できるでしょうか、
41番ピンパターンとピン間をカットしてますから、基板には、3.3vは
供給されませんが、ピンには3.3vが来ています。
ここから電圧をとりました。
特に意味はなく隣の5vでも良かったのですがこの行為は無意味でした。
リセット時も電圧は給電されておりますのでリセットの意味がないのです。
リセット時にloレベル それ以外はHiレベルの処からR38に給電すれば
良いのですが、SSD端子にそんな都合良いポイントはありません。
このままでは、再起動時にSSDをみうしなってしまい、あのメッセージが
出るのですが、一旦電源を落とせば解決するので、SSDが使えないより
まし と我慢しましょう

この写真 一番手前の2本のピンは、HDDセレクトピン 
ちょっと間をあけて次が1番ピンです
ピン根本から、パターンをカットしてます。
それから伸びるパターンがR38(33Ω)を介して、IDEコントローラー
JMF601に繋がっております。
昨日より、動作試験しておりますが、快調です。
しばらく様子を見ましょう
41番ピンだけでなく1番ピンも加工したものが必要になるかも知れませんね

追補
相性を見極めることが可能になりました。

昔エレキ少年 トランセンドSSD 相性判定法は
こちらをクリック



この商品を販売いたしました
無線ラボ お薦め商品はこちらをクリック
こちらをクリック





にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします





| ノートパソコン 改造他 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF-R3 トランセンドSSD ピン折り無し 顛末記 
パナソニックCF-R3は省電力からか、ハードディスク起動を3.3vにするなど
IDE規格から、逸脱した仕様となっているそうです。
この為 当然ですがトランセンド社では、動作保証しておりません。

市販HDD搭載の折は、ご存じ 41ピン加工を致します。
まさか、SSDで動作は無理だろうと、静観しておりましたが
先人の成功例に歓喜し、やってみたら、快適に起動しました。
しかし、巷では、失敗例が報告されております。
それからの、経緯は拙文の通りで御座います。
さいわい(いや不幸です)手元に動作するSSDとそうでないSSDがあります。
両者の「しきい値」を見つけようと波形観測、周波数スペクトラム解析
したのですが、顕著な変化を確認できませんでした。
報告例にあるRFIやEMSの可能性 
これならば、手の施しようがあると思いました。
各信号線にパスコン取り付けました。
SSD基板アースとマザーボードアースをジャンパーしシールドを強化
Vccラインにフェライトコアとコンデンサでラインフィルターを取り付け
こんな事をやってみましたが、変化は有りません。

そんなおり、トランセンドと異なるIDEコントローラーを搭載した
PhotoFast社製SSDで多数の成功例をお聞きし矛を収めることにしました。

残念ながら、努力は徒労に終わりましたが、久しぶりに、楽しい実験で
御座いました。

追補
これで終わるわけが無く、しつこく追求しその結果、下記のケーブルが
完成しました。
パナソニック CF-Tシリーズ、CF-Rシリーズ、CF-Wシリーズ 
ピン折り無し SSD リセット機能付きケーブル 無線ラボで販売開始



| ノートパソコン 改造他 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 SSDいまだ起動せず その4

ピンの波形観測で特に異常は見られません。
ひょっとして、SSDから発生するノイズでCF-R3が誤動作しているのでは?
そんな仮定で、SSDの殻割りです。
41番ピンから、(Vcc)フューズを介してL1があり、この波形が
突出してに高いように思いました。 PEPで8v

波形整形にパスコンをかませます。
CF-R3のHDDアクセスランプがひさしぶりに点灯しました。
動作確認のため、SSDをUSB接続すると、SSDはお休みになったままです。
パスコンの容量が大なのか、あるいは見当はずれか?
なんとも 手強い相手です。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします





| ノートパソコン 改造他 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 SSD いまだ起動せず その3

昨日は、トランセンドSSD64Gと32G 
正常の物と、不動のもの、44本の信号線を波形観測

電圧測定、スペアナで高周波観測しましたが徒労でした。
認識しないのに、そんなことなんの意味もありません。
デジタル回路の、妙味 電圧の変化を読み取り

プルアップ プルダウンで対処出来るかと 甘い判断

そんな一筋縄ではだめなようです。
症状から、電源立ち上げ時に、HDD LEDが点灯しないのだから
その時点が勝負、やはり、信号線へのノイズの回り込みですか

動かないSSDを分解しました。ルーペでパターン観測は疲れるので
デジカメ高画質で写し、ディスプレーで観察しました。
信号ラインにパスコンなどありませんね。
今日は、ここいらあたりを責めてみましょう。






| ノートパソコン 改造他 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 SSD いまだ起動せず その2

CF−R3のマザーボードで御座います。
ここ数日、トランセンドSSD 不動原因を探っております。
生きているボードに手を加えるわけに活きませんのでこのボードを
じっくり眺めたり、裏返したり、パターンの追っかけに使ってます。
思えば高い月謝を払いました。
耐電圧破壊試験や、L6,L7ショート試験でお釈迦にしてしまいました。
その経験が、技術の肥やしになっている と 自己弁護を重ねてます。
このボードは、机上に鎮座しております。
休憩時間、一服の清涼剤で御座います。眺めていれば飽きが来ません。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

| ノートパソコン 改造他 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 トランセンド SSD 認識せず その1
ポチ2号にトランセンド32GSSDを搭載、稼働したと先日お伝えしましたが
突然動作不安定、更には、全く認識しなくなりました。
画面の通り、「オラ SSD なんか 認めないぜ」と言ってます
コネクタ部分を押さえたり、フレキケーブルを触ると認識する等報告例が
ありますが、何をやっても、ダメです。と言っても、SSDは正常です。
こうなると、相性で片付けてしまうのが、習いですが
癪でしょうが有りません。
しかし探るとすれば、信号ラインの波形観測くらいでしょうか?
マザーボードの信号線をオシロのプローブでピックアップするには
パターンが小さすぎで隣と接触します。
しばらく 悶々としました。(昨夜まで)
SSDのピンアサインをじっくりと見ていて、「コロンブスの卵」
ピンレイアウトをさわるなら、隣と接触しない。
今日は、暇が出来たら、このデータを撮ってみましょう。

後日談
この問題は解決しました。
その結果 パナソニック各シリーズ用ケーブルを「無線ラボ」で販売中
 
無線ラボは こちらから




にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします






| ノートパソコン 改造他 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF-R3 SSD ピン折り無し ケーブル加工請け負います 

CF−R3にSSDを換装する記事、お陰様で多くの方にご覧頂きました
「無線ラボ」でケーブル販売中ですが、廉価の為 喜んで頂いております。
内情を申しますと、オークションで仕入れて加工販売するのですが、
中古ですからやむを得ないのですが、受け取り検査でかなり問題有ります。
また、入荷予測、仕入れ価格の不安定等で、常に在庫不足で御座います。
そんなところから、お客様の物を受け取り、加工して出荷する方法も
取り入れることにしました。

又、パナソニック各シリーズ用
ピン折り無し SSD リセット機能付きケーブル を販売開始しました。

「無線ラボ」は こちらから



にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします





| ノートパソコン 改造他 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CF−R3 トランセンド SSD 換装 雨のち晴れ
CF−R3 SSD化 で静音性、省エネ性が満足いくものでした
そこで、当方がWEBカメラ用デスクトップパソコンを予備の
CF−R3(ポチ2号)に差し替える事にしました。
大容量ハードディスクは不要です。
トランセンドTS32GSSD25ーM 32Gタイプにしました。
すんなり組み込んで電源オン、何の苦労もないはずが?????
SSDが見えません。アーーーーッ カスヒイタ
幾つかの報告例は、前日記事の通りですが 何故 私が、、、、悪夢です。
パソコン側から何にも見えないのですから絶句です。
何をやってもダメです。

不良部分の切り分けのため、下記のようなことをやってみました。

愛 称    PC品名    製造番号  SSD容量  良否 
ポチ1号 CF-R3DW1AXR 4GKSA14??? 64G   正常(現行機種)
ポチ2号 CF-R3EW1AXR 4KKSA30??? 32G   不良
ポチ1号 CF-R3DW1AXR 4GKSA14??? 32G   正常
ポチ2号 CF-R3EW1AXR 4KKSA30??? 64G   正常

従って、ポチ1号は、64G から 32Gに変更
    ポチ2号に、64G を搭載して稼働さす。
結果オーライで、使える組み合わせで良しとしました。
ただし、この状態は、まだ数時間経過した段階で御座います。
数週間のエージングは必要と思います。

さて、自作パソコン時代には、避けて通れない相性問題
久し振りに、それに振り回されました。
私見ですが、そのSSDがそのパソコンで認識しなくても、SSDがはずれと
結論付けないで別のCF-R3で、正常に動作する事も有る様に思います。
おそらく、同型機腫間でも、当たり外れが発生するのでは無いでしょうか?

追補
この時、起動した32G SSDはしきい値付近、その為動作不安定でした。
これからはじまるSSD 安定起動 追求への序章で御座います。

結論だけご覧になりたい方は  昔エレキ少年 のブログからどうぞ 
CF-R3 トランセンドSSD 相性判定法はこちらをクリック


また パナソニック各機種用SSD対応リセット機能付きケーブルを
「無線ラボ」で販売しております。
「無線ラボ」は こちらから

更に 補足
沢山の皆様にご覧頂き誠に有り難う御座います。
トランセンド SSD搭載 CF-R3は快調で御座います。
この様なダイエット仕様となりました。

詳しくは下記をクリック
CF-R3 軽量化 トランセンドSSD 炎上


にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ポチッとお願いします





| ノートパソコン 改造他 | 06:22 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

グルメ ブログランキングへ