プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
Webカメラ 動作不安定
 0700 外気温-4.2度 室温8.0度 晴れ 風弱く波静か 
先日来の雪と気温低下で窓に張り付いた霜、氷で外が見えません。
防寒の為、外側の窓には、断熱材を貼り付けてます。
内側の窓は磨りガラスです。その内側には、カーテンが二重。

今日は、日差しが強く、外側の窓にびっしり付いていた霜や氷もとけ
久しぶりに窓を開けることが出来ました。 午前九時


目の前では、見慣れた磯舟の操業風景
しかし、見とれていては、体か凍ってしまいます。

風力、風向の指針にしている旗です。
この旗が、窓が凍ると見られない
久しぶりにすっきりした旗を見ました。
日差しを浴びるとどんどん外気温が上昇していきます。5.2度

停止していたウエッブカメラ
何とか動くようになりましたが、ネットパソコンでは、荷が重いようです。
当然ですが、ネットパソコンはせいぜい数時間の運用です。
それを四六時中動作さすのですから無理は当然。
PCの性にするのは酷です。
CPUにファンを抱かそうか、あれこれ思案が続きます。

画面が水平でないので見難いと存じます。
軒下からつり下げており、水平に保つのが困難です。
春先まで、ご容赦下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
| webカメラ | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
津軽海峡ライブカメラ 復活しました。
0600 外気温2.3度室温11.4度 晴れ 無風 視程20km 波穏やか
天気予報では今日から津軽海峡が荒れるとの事
風、雨の影響は、半端でありません。

ライブカメラ専用パソコンのトラブルや、カメラケーブル断線
浸水によるカメラの不調等で 今年夏頃より長らく
運用を休止しておりました
苦情も無いので つい ほったらかしでした。
しかし、毎日ご覧になる方 いらっしゃるのですね
先日、ご指摘を受け、修理するに至った次第です。

当初、お役後免になった古いデスクトップパソコンでした。
24時間運用で、消費電流も多く、音もうるさい、よく故障する
トータルコストを考えると結局高くつきます。
そこで、まずはパソコンの入れ替えをしました。
昨年、勉強のために購入したネットパソコン Eeepc-901を
ライブカメラ専用にしました。
これは、SSDですから音もなく電気も食わない優れものです。
カメラは、以前のままですが、更に防水性を高めました。
ケーブル断線にはもっと工夫が必要なのですが
軒先の下、危険が伴いますので、次回と言うことで


こんな感じで写るはずです。
しかし、軒先から取り付けているので、水平を保つのが困難です
多少 水平線が傾いているのはご容赦
日中 過大入力を避けるためフィルターを噛ませてますので
夕暮れ時は、真っ暗になります
左の半島が、汐首岬 本州と一番近いところです。
中央付近 何も写ってませんが、視界がよいときは
尻屋崎が見えます。
右の建物の先が 下風呂温泉 大間は影になります。
このお家
この時期 夜はクリスマスのイルミネーションが見られます
昨夜 画像を確認したのですが、当方のカメラでは
光量不足で何も写ってません。
本来なれば したの様な感じ


そういえば、自動絞りのカメラを入手しUSB接続
動作確認迄は終わっているのですが、防水ケース等
設置は雪が無くなってからになりそうです。

年の瀬で御座います。
函館は、西地区、クリスマスイルミネーションが
綺麗でございます。
今日は 土曜日 夜はカメラを持って出かけます
明日のブログは、その写真で決まりかな?

と、、、、、、ここで終わればよいのですが
一言 グチ
軍隊から、規律を抜けば、ただの盗賊集団です
今年1年 海上自衛隊の規律の乱れは
目を覆いたくなります。
国民から貴重な財産を負託されながら
規律のゆるみから来る事故の数々

帝国海軍では、考えられないような
お粗末な事故
戦後日本の無責任体制が
兵隊にも伝染しているようです。
規律を厳正にすると、
入隊者が居なくなるからでしょうか?
海上自衛隊 諸官に猛省を促したく存じます。

    にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
 ポチッつとクリックお願いします。
| webカメラ | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WEBカメラ 動作不安定 原因は水滴
昨日より「乾鮑厨師の美味求心」の乾鮑を干鮑に替えております。
グーグル検索で、乾鮑はヒットするのですが、
干鮑、ほしあわび、干しあわび 等で乾鮑厨師がヒットしないのです
そんなわけで、干鮑でもヒットするように漢字を替えております。
ほしあわび、乾鮑、干鮑、乾し鮑で「乾鮑厨師」「大間屋」が
ヒットするようご協力をお願いします。

数日前より「大間屋WEBカメラ」が不安定になりました。
専用パソコンが、時々デバイスを認識しないのです。
パソコン側であれこれやったのですが正常です。
不良箇所の切り分けから、カメラ不良と判明しました。
原因がわかっても、外は吹雪、寒くてとても戸外作業は出来ません。
快晴、温暖な今朝、カメラを回収しました。
原因判明
USBケーブル接続部分の腐食が原因でした。

ケーブルは軒先の雨のかからない様に敷設し防水処理をしたのですが
ビニールテープでテーピングしたのが悪かったようです。
ここは、セオリ通りブチルテープを使うべきでした。
ケーブルを伝って浸入した雨水がUSBコネクタを腐食させてました。
原因排除の上、再組み立て

分解時に、レンズ焦点が動いてしまい、修正するのに一苦労
北の地は、雨が横から降ってくる。気持ちでは理解しているのですが
ビニールテープを浸入してくる水。北の地は侮れません。
冬初体験 南国人の失敗例で御座います。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
| webカメラ | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年やり残した事 WEBカメラ DimageX20 経過報告
今年も残すところあと、5日となりました。
年の瀬になると、何かと多忙になります。
机上のごたごたも取りあえず整理して、きれいに正月を迎える準備です。
さて、来年に持ち越す宿題とは
オークションで入手したミノルタディマージュx20

改造の途中まで前回御報告いたしましたが、電気を食う物は全て取り外し
ディスプレーやフラッシュ機能も除去しました。
その上での動作点検は成功しました。
しかし電源端子より、電源供給すると電池では稼働しません。
ニッカド電池の2.6vではダメなのです。
また、この様にばらして、電池端子に直接給電することにしました。

こんな感じです。

さて、問題発生、USB端子の電圧は5v 本機は3V そこでトランジスタを
噛まして2Vのドロップをします。
面倒なのでボンドで貼り付けです。また、問題です。
カメラをパソコンが認識してくれません。
でもカメラにはディスプレーが無い、設定を手探りでやらなければなりません。
更にもう一つの問題
USBは500mAしか供給しないのですが、本機はピークで700mA 
あれこれ問題続出です。
来年の宿題になりました。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
宜しかったらポチッとクリックお願いします。
| webカメラ | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WEBカメラ ミノルタX20を使ってみる その2

電源端子基板に、外部電源供給用の線を半田付けします。
Webカメラにする場合、外部から電源供給の必要があります。
それを、USBケーブルの5Vから頂こうという算段です。

不要部品を取り除き、再組み立てしたところです。
左の部品類は不要品です。
取りあえず動作させ、成功すれば電力消費を極力抑える為に不要品を見つけて
取り除きます。

パソコンでモニターしました。成功!
周辺光量にも追従しております。今迄これができなかった。嬉しい。
さて、次はUSBの5Vを3Vに変換して接続する行程
その前に、電流を測るとピークで1A弱、平均450mA
ピーク電流が、USBの規格をオーバーします。ちょっと実験を重ねてみます。

市販の安物のWEBカメラは、室内使用を目的にしているのでしょう。
屋外の光量では、白飛びして映らない物が殆どです。
高価なWEBカメラは対策済みでしょうが、、、、、

いずれにしても、戸外設置するWEBカメラはケースに入れているとはいえ、
数年の寿命と見ておいた方がよいでしょう。
有る意味消耗品ですから、ご予算少々になってしまいます。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
| webカメラ | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WEBカメラ ミノルタX20を使ってみる その1
「大間屋」で使用中のWEBカメラ 函館住吉浜から津軽海峡を写してます。
日中使用を重点にしてますので、夕方から夜は使えません。
その対策が、11月2日記事です。
発想は良いのですが偏光レンズの駆動モーター角制御が大型になります。
物理的にケースに収納できない難点がありあきらめました。
以前使っていたデジカメ、ミノルタX20は、WEBカメラが出きる事に気がつき
オークションで、壊れた物を入手しました。
このカメラは何度も分解したり感電したりで多少の修理は覚えました。
壊れるところも、凡そ、見当がつきます。 
早速分解にかかります。

うらぶたをはずします。はいはい 判りました。修理完了です。

ディスプレーが出てきました。これは電力の無駄ですから取り外します。
WEBカメラには不要な物です。
スピーカーも不要ですから取り外し。

なんでもユニットですから、分解も楽です。半田ごてを使わないのできれいに分解できます。

フラッシュも焚かないので、これも取り除きます。
コンデンサがかなりのスペースを占めてます。こやつはにっくき奴です
何時も分解するたびに、電撃をくわされます。

心臓部が出てきました。このX20が登場したときは、本当にびっくりしました。
この薄さの何処に、10倍ズームが隠れているのかと、
外から見ると、レンズ可動部がないのです、90度反射のアイデア、こんな技術を持っていたミノルタも淘汰されました。
レンズカバーも取り除きます。ついでに、モーターのフィルムも取り除きます
不要な可動部は全て、取り除き、故障発生を未然に防ぎます。

「大間屋ドットコム」のカメラ、夜も映っていれば、新しいカメラが成功したということで御座います。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
宜しかったらポチックリックお願いします。
| webカメラ | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WEBカメラ 自動絞りと TALEX 偏光レンズ
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

WEBカメラ防水化の記事に、アクセスが多いので皆様結構関心を
お持ちのようです。
反響が多いのに気を良くして調子に乗って更に一歩進めてみます。
防水化は成功したのですが、早朝、夕方、夜間使えません。
現在、日中対応の為カメラにサングラスを2重にかけております。
夜になったら、真っ暗になるのも当然です。
自動絞りのWEBカメラにすれば解決しますが大変高価です。
勿論安物もあるのですが、使いものになりません。

解決法として
1,絞り機構を増設する
2,サングラスを取り外し可能にする
3,偏光レンズを使用する、
こんな処でしょうか、
1,は構造的に無理があるので却下
2,サングラスの着脱機構と光量による自動化を検討中
3,カメラ用のNDフィルターを2重にし1枚の角度を可変にする
  これも、かなり高額になります。
そんな折、友人からTALEX社レンズの提供を受けました。
  詳しくは右記のアドレスから  http://www.talex.co.jp/
  (注意:このレンズはサングラス用で御座います。
    他の目的で使用するのは自己責任で御座います)

このレンズをつけたカメラで、液晶ディスプレーを写しました。
液晶ディスプレーも偏光フィルターを使っておりますので、
このレンズの角度により明るさが変わります。

レンズの位置が垂直の状態で光は通過しております。

45度傾けると、光はほとんど通過しません。
このことから、モーター駆動でレンズを最大45度回転させれば光量を
連続的に制御することが出来ます。
問題は駆動装置と光量検出装置を防水ケース内に納めることが出来るか
実験してみる価値は有るようです。
後日 実験経過報告いたします。
| webカメラ | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WEBカメラ 防水仕様 改造 大間屋で使用中 
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
このところ、料理関連からかけ離れた話題ばかりで反省しております。
近日中に「海参の姿煮」をご披露する予定で御座います。

ホームページにWEBカメラを公開されている方も多くなりました。
「大間屋どっとこむ」でも、WEBカメラを設置しております。
簡単な様で、いろいろ困難なことも御座いました。
そんなわけで、ご披露いたします。
WEBカメラは本来、パソコンの前で使うように設計されてますから、
絞りなど付いておりません。ほぼ光量は一定ですから、
しかし、屋外では露出過大で、まっ白になってしまいます。
自動絞り機構なら問題ないのですが、値段がはります。
サングラスを付けることにしました。
100円ショップで、一番遮光がきついサングラスを買ってきて1枚取り付けて
みました。まだハレーションがきついので、もう一枚付けると綺麗に写る
様になりました。そのままでは大きくなってしまうので、レンズの大きさに
合わせてカットします。素材はガラスでないので簡単にカットできます。
その結果、昼間は良好になりましたが、夜間、朝夕は暗くなります。
夜の暗くなるのはやむを得ないとしてこれで良しとしました。
次の問題点
室内にカメラを置くと、窓ガラスが曇ると見えなくなります。
窓ガラスをその都度、磨くのも面倒なので、外に出し軒先につるしました。
防水対策しなかったので雨にやられて、一巻の終わり。
当地は、強風の時は、雨が下から降ってくるのです。思わぬ事態発生。
カメラも犠牲になりました。
カメラを分解し基板を洗浄すると、運良く治りました。
次はカメラの防水ケース
100円ショップに良い物がありました。防水タイプ懐中電灯のケース


分解して、反射板や、金属部分を全て取り除きます。
次にカメラを分解しUSBケーブルを取り除きLEDランプも不要なのでカットします。

懐中電灯の後ろに穴を開け、USBケーブルを通して、カメラに接続します

カメラの前面が黒いのは、サングラスをカットして、はめ込んだためです。

ふきっさらしの野外で使うカメラですから、故障は想定内
この様な物を2台作っておけば、簡単に交換できます。
予算 カメラを含めて5000円以内でした。
| webカメラ | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

グルメ ブログランキングへ