プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
谷地頭温泉 隠れた名品

 谷地頭温泉は、函館観光に外せない場所です。

露天風呂で旅人からお声がけをいただくのも

楽しいひとときです。

その折り必ず聞かれるのが美味しい食事処は?

金に糸目を付けないならば お薦めどころは

枚挙に暇がありません。

安くて、といえば 

ラッピー http://www.luckypierrot.jp/

ハセストhttp://www.hasesuto.co.jp/index.html

等が定番です。

しかし、強敵出現

ここの食堂です。

そしてお薦めはこれ 天丼 ¥600−

温泉食堂の域を超えた専門店の味です。

温泉に入るだけでは勿体ない

是非ともお試しあれ


更に民営化されて良くなったところ。

駐車場の雪掻きに気配りしているところです。

以前降雪時は自宅風呂で我慢してました。

手間の掛かる排雪、その気配りに感謝


 


| 函館散歩 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
恵山のつつじ 5月28日

 下北半島 まさかりの頂部付近をドライブすると

対岸右隅にくっきり見えるのが恵山です。

数年前、町村合併で函館市になりました。

今日の函館市はガスがかかっておりますがつつじの花盛りとか
出かけてみました。

恵山つつじ祭り は終わりました。

1時間位の行程です。

途中で、霧が立ちこめ なとわえさん 道の駅で日和見です。

海方向には対岸下北半島はおろか 波打ち際も見えません。


30分位したら、視界も良くなり出発。
途中で霧が立ちこめるところもありましたが、登り始めると
視界が良くなりました。

右手 駐車場へ
左 直進は 火口駐車場へ

このあたり 一面 つつじが満開です。

土日は、先程の道の駅から身動きがとれない程の車とか

火口駐車場から、徒歩で火口に向かいます。

今日は噴煙が少ない様です。

うっすらと 噴煙が見えます。
 

| 函館散歩 | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館駐屯地 桜 5月6日 

日本全国桜の名所 数多ありますが隠れた名所が
百七十余箇所に屯する自衛隊駐屯地です。
函館駐屯地 を検索すると今日だけ開放です。
11時より15時迄 早速出かけました。

内部から衛門を見る 次々に訪問者

資料館へ向かいます。

玄関 右手 乃木将軍辻占売りの少年の銅像
   左手 203眞ロシア軍陣地に鎮座した大砲
      水師営の会見  
昨今 坂の上の雲が近代歴史のように誤解されてます。
小説ですからおもしろおかしく描かれてます。
海軍びいきの作風、陸軍 特に乃木将軍をこき下ろして
描かれてます。陸軍泥臭い 海軍スマート
泥水すすり草を食む これが戦後復興の根本でした。

資料館内部は、日清、日露戦争から現代までの
装備品等が展示されてます。興味深いのが携行糧食です。

この奥にテントが数棟 焼きそば、おでん等の屋台
右側に PX(post exchange)基地内売店があります。
普通科部隊ですから、赤いマフラーが販売されてないかと
覗いたのですが官給品なのか棚には無かったようです。
軍用品に興味がある方は、PXを外せません。

早めに到着したので衛門に近いところの駐車場を案内されました。
次々に来る車で直ぐに満車になりました。
次の駐車場は基地の一番奥ですから歩くのが大変。

万朶の桜か襟の色  
すれ違う隊員諸官のきびきびした一挙手一投足が
桜の下では光輝にさえ感じます。
地震災害出動で脚光を浴びましたが、半世紀以上前から
朝鮮動乱浮遊機雷撤去等、人命に関わる、誰もいやがる
ゴミ掃除を黙々とこなしてきた自衛隊。
文民統制という訳のわからない GHQの置き土産
事務官より下に格付けされる非合理
これを押しつけた白人 アイゼンハワーも軍人です。
軍歌を封印したGHQ その軍歌の旋律、歌詞を知れば
知る程奥深く、日本人の心を覚醒させます。
白人が畏れる訳で御座います。

桜の時期にはこの歌が似合います
歩兵の本領
久々の駐屯地訪問でした
毎日下らない逃げ口上の政治家に憤懣やるかたないですが
ここに来ると日本の平和と安全は間違いないと確信します。
「この国は」 島倉千代子
愛国心、国益の意味さえ理解出来ない国会議事堂に屯する役立たず 
国益を損なう輩に兵役の義務を課せたいと切に願う者です。
半年程 駒門で鍛えれば木偶の坊も 屁の突っ張りになるかも

函館駐屯地 桜並木誕生秘話(チラシより抜粋)
昭和40年頃函館駐屯地にある依頼がありました。
重病のご婦人に対し大至急献血が必要であるとの事
それを聞いた隊員達は「それならば」と呼びかけに直ちに応じて
7名が献血を行いました。
しかしご家族の懸命な看護、医師の治療にも関わらず
残念ながらご婦人は51歳の若さでお亡くなりになったそうです。
その後 ご家族がお礼にとお金を送られてきましたが
自衛隊では頂けない事を説明したところ
後日来隊され、駐屯地に多数の吉野桜の苗木を寄贈して頂きました。
現在の駐屯地の立派な桜並木はこの時に誕生しました。
春に綺麗に咲く、この桜並木を見ると当時のご家族のお気持ちと
隊員達の信条が伝わってくる気がします。

 

| 函館散歩 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館公園 5月4日 ジンギスカン鍋
 午前10時 函館公園正面から青柳町電停を臨む
既に周辺公営駐車場は全て満杯
向かって右側 停車中の車列 駐車場の空き待ちです 
一車線完全に封鎖状態。
函館公園周辺道路は無断駐車が目立ち交通渋滞です
青柳交番殿 ご多忙と存じますが
せめて公園周辺の路上駐車の一掃お願いします。

正面付近

左の桜 枝っぷりが見事です。
見ていってくれ と言わんばかりに

正面噴水広場、幼児連れに人気
噴水で遊ぶ賑やかな歓声

場所探しの親子連れ 遊園地に向かうのでしょうか

この場所がお気に入りです。しかし場所取りの
段ボールで占有されてます。これはいけません。
ここではこんな姑息な手段見かけなかったのですが
悪い事は直ぐに伝播します。
気持ちはわかりますが ほんわかした蝦夷地の魅力 
都会の悪弊を持ち込まないで頂きたい者です。

次の場所に移動して宴を張ります。
それでも上はこの通り 光を遮る桜花
西行の心境に浸ります。

ピンクの桜 幼児の声と良く合います。

お隣も、そのお隣も この付近は鍋銀座?

屋台の並ぶ通り たこ焼きは行列が途切れません。

今年の我が家の作戦。ガスコンロ
昨年まで炭火でしたが着火、消火に手間が掛かり
今年初めて ガスコンロ採用です。
この地は、1日中風が吹き荒れます。
お昼頃一時無風になるのですが
それを見越してのガスコンロ着火。
人間にとっては心地よい風もガスコンロには駄目です。
風よけが必要と感じた次第
近くでテント設営してましたが、風よけだったのですね

鍋に具材を敷き詰め、真ん中をかき分けて
松尾ジンギスカン 2袋どばっと盛りつけ
あとはまつばかり たっぷりのつゆがカボチャを包み
野菜も肉も美味しく頂きました。
片付けに掛かっていたら突風でシートも飛ばされる程
時々こんな風が一瞬吹くのが玉に瑕。
昨年迄はバーベキューでした
こちらは煮込む感じなので、むら無く火が通り
安心しました。
この地での野外料理はこれが宜しいようです。
ガスか 炭火か
地元の方に習い 炭火にしていたのですが
炭火は風の影響を受けません。
来年はどっちにしようか 大いに悩むところで御座います
函館公園は、噴水、遊園地、屋台、動物園、火気使用等
大人も子供も花より団子で 大満足
屋台周辺は電車内並の混雑でした。
賑やかで皆の笑顔 桜は人を豊かにします。
 
| 函館散歩 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館 桜ヶ丘通り 桜のトンネル 5月3日午前
 函館市民は桜が大好きです。
春遅き蝦夷地、5月初旬は桜が各地で咲き乱れます。
桜ヶ丘通りは、車で素通りできることから渋滞します。
近くに駐車して徒歩散策です。

人見町あたりから北上します。

車が多く撮影も大変です。

戦前 地主の方が植樹したとか もう80年近く経ってます

徒歩の方も沢山お見受けします。

ここで半分位

文字通り 桜のトンネルです。
まだ1週間程度は楽しめます。
函館には、まだまだ桜の名所が沢山あります。
 
| 函館散歩 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館公園 4月25日 桜 開花間近
当地の最も良き時期は桜の頃です。
桜の時期になると、気もそぞろになります。
午前中 五稜郭公園へ 午後は函館公園に
昨日の 函館公園の光景です。

公園正面 噴水広場 さすがに噴水は起動してません。

左奥は 屋台設置作業中

ガス、電気等設置は安全対策が一掃厳重になったようです。

ここでの楽しみは、バーベーキューや ジンギスカン鍋 
いずれも火気が必要です。
昨年迄 炭火をおこすのに苦労しました
今年はガスコンロに致します。

つぼみもほころんできました。

あれあれ こんなところで もう 咲き誇ってます。

桜木の 根元に腰を下ろし しばし お花見を楽しみます。

このつぼみは 数日で開花しそうです。
 
| 函館散歩 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白魔の仕業 無法地帯に
 明日から降雪が烈しくなるとか、
雪の少ない内に外出したのですが、停止線や中央線は隠れてます
信号のある交差点手前では、思い思いに停車してます。
滅多に聞かない電車の警笛 今日は賑やかです。

突然の吹雪で信号も見えなくなりました。
いくら見えないとはいえ、道路の真ん中で停車するのは勘弁願いたい。
油断していたら追突するところです
見えなくなったらその場に止まるのは、自分だけの安全策
後続車は 止まってくれると思っているのでしょうか

二十間坂付近 左は波止場 右は坂の登り口
このあたりは頻繁に車が通り除雪も行き届いておりますが
うっかり脇道に入ると埋もれてしまいます。
この時期、遠回りしても幹線を走るのが安全パイです。

二十間坂 
地元歌手が歌っております

市電 ささら電車


人気ブログランキング
↑ポチッとクリック御願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中華料理(グルメ)へ
ポチッとお願いします
| 函館散歩 | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雪の函館山 
 昨日は路面がむき出しになっておりました、
絶好のチャンスですから朝から、用足し
夕方迄に全て片付け、冬将軍に備えてました。

今朝、10cm以上の降雪、止まない雪
波止場では クリスマスツリーも点灯してます。
観光客の方々、雪の函館も、函館山もロマンチックです。
100万ドルの夜景は次回のお楽しみ
地元民は、ひたすら雪が融けるのを待ちわびてます。



午后2時過ぎの函館山
外気温 -2.7度、 室温27.4度
| 函館散歩 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館公園 雪の無い心地よさ 12月3日
昨日は、雨交じりの強風下、耐雪処理作業をしておりました。
朝日と共に目覚める習慣の為 目が醒めたのが7時過ぎ
外は、10cmを越す雪で、陽も遮られておりました
とうとう、白黒世界になりました。

白黒世界はこれからいやと言うほど御披露できます。
3日前の、天然色の世界をお楽しみ下さい。

12月3日
 雪と強風でしばらく散歩を控えておりましたが
快晴、残雪も無く まだ紅葉が楽しめるだろうかと、函館公園へ

普段は見上げるだけの展望台、
今日は頼もしい味方が付いてます。
格好が悪いと、使わなかった杖、やっぱり便利です。
階段は半分だけが通行可能に、後半分は閉鎖
除雪の為でしょう

津軽海峡、下風呂温泉、大間崎が目の前に見えます。
残念ながら、尻屋崎はかすみの彼方。めったにみえません。

旧図書館付近、この赤が見事です。
もう これを啄む鳥は 南へ行ってしまったのでしょうか

ここが花見の特等席 花見は 半年も先です。
これからしばしのあいだ雪の毛氈で覆われてしまいます。

もう少し下がると、噴水の或る池なのですが、紐が張り巡らしてあります。

なんと無粋な事か
いつから日本人はこんな間抜けばかりになったのでしょう。
どうして 自己責任の精神が芽生えないのでしょうか?
ベニスの運河に、チャオプラヤ川に、こんな 余計なお節介を
しているところがあるでしょうか?

お役所を責めているのではありません。
なんでもかんでも イチャモンを付けるバカ親にです
お役所も、バカモーン と一喝して欲しいものです。

日本最古のメリーゴーラウンドも半年間のお休みです。

市民の浄財で作られた函館公園。
ボランティアの方始め、市の行き届いた管理で、
何時もきれいに保たれ 訪れる度に感謝の念は絶えません。
関係者の皆様 有り難う御座います。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
ポチッとお願いします


| 函館散歩 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館公園 昨日今日 天国と地獄
 初雪から1週間 防雪準備 まずはスノータイヤ交換等
昨日は、各地で見られました。
我が家も、断熱材、雪よけ屋根、植木囲い等を買いに出かけました。
普段は 函館公園正面を通るのですが、残秋を楽しみたいと
裏道を通りました。

鮮やかな風景に、車を止め しばし絶景を楽しみました。
いつも離さないデジカメ不覚
iPhone3GSの 頼りないカメラ機能ですが、やむを得ません。

午前9時頃 日差しが弱く、このカメラでは精一杯の描写

下は、噴水、正面ビル直下は青柳町電停 その先は津軽海峡

日曜なので、早くから、この景色を楽しむ方が大勢いらっしゃいます。

あんまり ゆっくりしている暇はありません。
冬将軍は目の前まで来ております。
夜までには、冬将軍撃退の、あれこれ造作を終えてほっとしました。
夜半から冷えこみ、いよいよ来襲か

今朝、外気温 -2度 外は一面銀世界
手元にカメラがあるのですが、写すのもはばかります。
積雪5cm位、 残雪にはならないでしょうが 3月末まで
モノトーンの世界になります。
昨日と今日、まさに天国と地獄です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
ポチッとお願いします


| 函館散歩 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

グルメ ブログランキングへ