プロベラ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

乾鮑厨師の熱き想い

乾鮑に魅せられた大食漢の綴り 
冬将軍と消防車
 外気温−4度。窓は凍結して開きません。
聞き慣れたエンジン音を久しぶりに聞きました。
開かない窓から覗くと

積雪時、或いは凍結がひどい時は消火栓を鬱がないように
マンホール上に溜まった雪を隊員さんが除雪していきます。
消火栓からマンホールの止水弁までの間が
凍結しては、火災発生時に放水できなくなります。

当地初心者の頃の苦い思い出
マンホールの上だけすっぽりと雪が無いので、これ幸いと
排雪を積み上げ ご近所様から笑われてしまいました。
それ以後、マンホールの除雪を心掛けております。

さて、今日は、雪も無いのに何事かと 見ていると
マンホールに溜まった水の排水作業の様です。
寒冷地の消防隊は大変です。
普段から給水確保が重大な任務で御座います。
雪国では、ちょっとした油断が命取りになります。
ご苦労様で御座います
| 津軽海峡地域 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
むつ科学技術館 フライトシュミレーター

大畑からむつに向かう国道を左折し1km程海側に行くと
むつ科学技術館 が有ります。

大震災以降、原子炉の構造や放射能漏れ等の関心から
訪れる方が多くなったとか。
私も直ぐ目の前を何度も素通りしておりましたが
はじめて訪問しました。

原子力船むつの経緯は下記をクリックして下さい
原子力船 むつ

これは、館内にある模型の写真です。
約半世紀前の設計ですからスタイルは旧式 なんか
マンギョンボン号を思い浮かべます。

私も科学大好きですから当初より注目しておりました。
運航はMOだったと思います。
純粋に科学技術の発展を願う事と裏腹に
どす黒い政治と、エゴに翻弄され、行き場を失った むつ
国家百年の大計を描く事の出来ない政治家と、事なかれ主義の官僚
そのツケは、この度の災害にまで引きずっております。
一つ一つ、しっかり片付けておけば無かった事故。
原子力、放射能は、制御できる、それを先送りした
その為、高い高いツケを払う事になります。
悲劇の 原子力船 むつ 無言の抵抗でしょうか?

正面玄関  むつに取り付けていたプロペラ。
後ろは、むつをかたどった建物

たった1度 わずかな放射能漏れで むつは頓挫しました。
そして 原子炉の研究も開店休業状態。
折角育てた芽が、発芽しないまま腐れそうな現状 残念です

1階は むつの船内をかたどった各種展示物と
子供の喜びそうな、基礎科学展示物があります。

2階にあがった先には、魚釣りのシミュレーター
親子で興じておりました。

その後ろには 見慣れたものが

フライトシュミレーターです。
いったんは通り過ぎたのですが、説明を見ると年齢制限や体格等
各種制限があるのですが、大人でも良い様な感じです。
受付で問いあわせると OK 

係の指示で着席、軽い説明を受けます、
FS98や、FS2004と同じ操作方法です。
違うのは子供仕様なのでシートが窮屈です。
自動、初級、中級等クラス分けを選ぶようになってます。
機種は セスナ 当地に仮想滑走路を想定してます
80ノット迄、加速するとふわっと上昇するところは
セスナの感覚そのものです。
むつ市内を1周して変えるコースです。
上昇すると、シートも動き、舵を切ると傾くところも臨場感があります
初めてなので、ちょっとコースを間違えましたが無事着陸できました。
周りを見回すと 誰もいません
もう1度 と思ったのですが、この次の楽しみとします。

将来有る子供達に、悲しい原子力船 むつの生涯を
教えた上で、訪問したい施設で御座います。

悲劇の原子力船 むつ 今は みらい に生まれ変わり
第2の人生を歩んでおります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
ポチッとお願いします


| 津軽海峡地域 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館 汐首岬付近からの御来光 

昨日は見事な秋晴れ、
普段見えない尻屋崎から風間浦までくっきりお目見え
函館山山頂からは、八甲田山まで見えたのでは無いでしょうか
秋には、時々こんな事が御座います。

今朝の風景

夜明け前、

雲がじゃましてます

いや 雲がお日様を神々しく感じさせます。

お出ましです。

今日は、日曜日 波止場は、大盛況の事でしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
ポチッとお願いします


| 津軽海峡地域 | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
江差追分全国大会 今週末
残暑がぶり返してきました  とはいえ
とっくに半ズボンは片付け窓も閉め切ってます
お江戸と蝦夷地はこうも違うのでしょうか

蝦夷地と言えば、ソーラン節か江差追分
今週末は、その世界大会 もとい 全国大会が開かれます。
まずは 名調子をどうぞ 
江差追分 佐々木基春氏

更に 感動的なアンサンブルの演奏も
ロンドンメトロポリタンアンサンブル版

江差追分の詳しくは こちら

追分好きな方にはたまらないのですが
道南 江差に全国から、喉に覚えのある方
追分ファンの方も集結します。
  
    江差追分全国大会
臨場感を思うと現場で拝聴したいのですが、便利になりました。
インターネットでも鑑賞できます。上記をたどってください

さて、江差追分を調べておりましたら、こんな事も有ったようです。
江差追分事件

判決結果は別として、原告のお気持ちは十分理解出来ます。
ローラン遺跡 ヤラセッチケー を例に出すまでも無く
お粗末、稚拙な取材と、他人の褌 マネシッチケーの所作
国民から、もれなく受信料をふんだくるのですから
視聴率狙いの 低俗民放の後塵を拝す事無く
日本国民が誇りに思う番組製作を願う者です。

こんな稚拙な番組も御座いました。
楊貴妃とツバメの巣
NHKの回答 ダーウインが来た

文面で危惧した通り 当地にも
楊貴妃の愛したツバメの巣入りドリンク 販売店を見かけました。
NHKは、日本国民の尊厳を損なうだけで無く、
歴史をねじ曲げる事がお好きな団体とお見受けしました。
宗主国が、紅国や半島だと勘違いしてる面々。
ならば まね 手抜きもやむを得ないか!
地デジ化と共に、NHKに引導を渡した賢明な国民が9万人を越えたとか、
栄耀栄華 泡沫の夢で無ければ良いのですが

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
 ポチッつとっくりっく御願いします
| 津軽海峡地域 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの絶景
 今朝 午前5時40分の函館山です。

朝日をいっぱいに浴びて緑もくっきり映えてます。
この場所からは、函館山が一番美しく見えるのが日の出の時刻

毎日、毎日、天の水が干からびないかと心配するほどの
どしゃぶりが続きましたが、流石の天も水が無くなったようです。
今日は、朝から快晴です。昨日までは、秋の装いでした。
今日は6度ほど、気温が上がるとか
外気温は、海側、28.0度 山側18.6度 
半袖、半ズボンで過ごせそうです。
我が家は今日は満艦飾です。
| 津軽海峡地域 | 05:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
霧雨の津軽海峡 チャンネル16
 連日の濃霧と霧雨 函館山は麓から霧をまとっております。
先日来航した帆船の動静が気になります。
出港は何時頃かと朝から
チャンネル16をワッチしておりました。

このチャンネル、数年前は1日ワッチしても静かなことが
多かったのですが最近は賑やかになりました。
イージス艦衝突事故 以降 小型船にも
国際VHF機の搭載が許されるようになったのも一因でしょうか?
以前は資格関係で国際航路に従事する船舶や大型船だけでした

海は2次元の世界です
針路が交われば衝突するのは当たり前。
その前に、お互いが無線で話しが出来れば衝突回避が出来ます。
米粒みたいな舟も大型タンカーも法の下には対等です。
しかし、針路を変えるエネルギーは小さいほど少ない。
謙譲の美徳、小さい方が譲るのは古来からの伝統でした。シーマンシップ
船乗りは合理性を重んじます。安全、経済性、融通性もそれです。

そこのけそこのけお馬が通る 
では有りませんが数十年前のシーマンの常識は、
旭日旗は絶対優先(absolute priority)でした。
国防の任に当たる、あるいは白い船には道を譲るのは当然でした。

なだしお事件
も、シーマンシップで防げたはずです。
戦後 何でも平等というおかしな民主主義が台頭し防げた事故が起きました。

当時 マスゴミは、自衛隊たたきの集中砲火を浴びせました。
不幸にして艦長は失職なさいましたが彼の正当性は揺るぎないものです。
今この裁判が行われたとしたら彼の正当性は認められたと思います。
マスゴミのなせる腹立たしい行為でした。


強い訛りの英語のような音が聞こえてきました。
チャンネル6に変波を促してます。
判別しにくいのですが、3桁の数字とstarboard と聞こえますので
この船は前の船を 針路060 左舷側から追い越すと言っているようです。

航行中の船舶はチャンネル16聴取しております。
呼び出し応答及び、遭難、緊急時のチャンネルですから、
呼び出しを受けた船舶は、速やかに別のチャンネルに移動して通信を行います。
当地では 船対船では チャンネル6を多様しているようです。
その間にも 出航準備していた船が投錨中の日本船に呼びかけております。

昨今 自転車の歩行者との事故が多発しております。
歩行者の横を追い抜く際、お声がけをするほどの余裕があれば
歩行者に危害を加えることは起こりません。
海上で出きる事が、陸上で出来ないとは、
譲り合いを忘れた 戦後新日本人 そんな思想 くたばれ!
こんな小さな事から、日本は世界の見本であれと願います
| 津軽海峡地域 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原発事故の影響 大間町では
福島原発事故以来、大間原発工事は中断しております。
町は静かです。
いや、もう10年以上前から 町は人気が無く
日本中の過疎の町と同じでした。
ところが、原発景気で町は活気を取り戻しました。
民宿、食堂は規模拡大や、増築ラッシュ

突然の原発事故 
おもわぬ伏兵に、資金が底をつき銀行管理の民宿がでたとか。
地道に商いする事を忘れた果てです。
農民、商人はこつこつしかないはず。
まずはこれをご覧下さい。

津軽海峡夏景色

以前こんな記事を書いた事が御座います。
大間でインタビューに答える
今思えばこれも出来レースだったのですね。

今、大間から函館に向かう老齢者が激減しました。
フェリー料金と、バス代を含むと往復5000円では
おいそれと病院にかかれません。

安全にはコストが掛かります。
定時運航を追求すれば、コストは増大します。
海が時化たら欠航すれば良い
津軽海峡では20年を過ぎた船は安全性に問題があると
いう意見があります。
なら 露助はどうですか 
もっともっと古い軍艦がウラジオストックで現役です。
ばあゆに、エレベーターを設置すれば老人も利用しやすい
今有る資源を、大事にすることこそ、エネルギーの無駄使いを
防ぐ方法だと思います。
原発反対というのは簡単です。
ならば電気を使わない心構えが出来ているのでしょうか?
観光地で無くともライトアップは当たり前になりました。
あの電気代、誰が払っているのでしょうか?

反対を唱えると革新派 かっこよく思う日本人もいます。
あの ばかん なんでも反対してました。
いま 日本国そのものにも反対しているようです。
どうせ反対するなら、政権交代反対 内閣総辞職
衆議院解散したらどうですか。
| 津軽海峡地域 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
霊場恐山 温泉がお薦め 
 下北半島は温泉の宝庫です。
以前、恐山参詣の折 温泉があるのを知ったのですが
半時ほど前に薬研温泉カッパの湯に浸かったばかりですから 
その時は泣く泣く素通りしました。

しかし、気になってしょうがありませんので、いってきました。

この矢印を目当てにどんどん山の中に入っていきます。
薬研温泉を通り越し更に12km登るとこれが見えてきます

右は宇曾利山湖

総門の前は駐車場です。右手で入山料 ¥500−納めて入ります。

正面は山門 右手は宿坊 1泊2食¥12000−なり
左手の赤瓦の建物は いたこ 詰め所
山門をくぐって 左前辺りに、恐山温泉

右 冷抜の湯(男)   左 古滝の湯(女)

小さな粗末な建物です
左奥は賽の河原

先客が3名 1人は足湯です。
泉質は硫黄泉、多少白濁して、硫黄の刺激臭があります。
顔を洗わぬ事、目をやられます。
高地ですから水は貴重です。浴槽は2つ
一応 熱め と ぬるめ の設定なのでしょうが、両方とも熱めでした。
蛇口など有りませんので上がり湯等使えません。

本当に素朴な湯ですが、大満足でした。
この泉質はわたしの好みです。
参詣前に、ひとっ風呂浴びて、参道を一周して帰りにもう1度
夏はこれも良いでしょう。

湯舟から脱衣場を見たところ
何の垣根もありませんから、貴重品がなくなる心配もありません。
この温泉 入浴料は無料です。
湯舟でボー−ッとしている間もひっきりなしに、参詣者が中を
覗きますが、余りの素朴さに、ひとっ風呂浴びようと思う方
1割以下の様です
せっかく 遠隔地の山の中に来たのですから、なにがなんでも
ひとっ風呂浴びる事をお薦めします。
恐山に行くときは、入浴道具を持って行きましょう。

タオルを持ってないけど、入浴したい方、
一旦外に出て左側に、お土産屋さんがあります。
入山券は当日限り有効ですから何度でも出入りできます。
そこまでしてでも 値打ちが御座います。

恐山の見所

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へ
| 津軽海峡地域 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館 花火  何時もやきもき
 目覚めると雨 やれやれ今年の花火も涙雨か?
あきらめ模様だったのが、8時過ぎにはどんよりとした曇り空に
このまま、よるまで持ち越してくれれば最高の花火日和です。

函館には、海の日と、この日の2度の花火大会が、
そして対岸 湯の川温泉の花火を加えると3度の楽しみが御座います。
しかし、どういうわけか、雨、霧に悩まされ、滅多に落ち着いて
花火を楽しむことが出来ません。

   函館みなと祭


今日は五稜郭病院 1階待合室からアップしております。
WIFIが整備されておりますので、愛機CF-R3を持参しました。
(友人のお見舞いです)
100v電源使用は禁止されておりますのでバッテリー運用できる
ノートパソコンに限定されますが、CF-R3は最適です

病院でWIFI 嬉しいサービスです。
| 津軽海峡地域 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏の風物詩 漁り火      10頭乾鮑
 ようやくスーパーにも朝どれイカが並ぶようになりました。
まだ 小振りで値段は高止まり。
先日まで、1隻しか見られなかった漁り火も昨夜は10隻

右端は立待岬

10倍 望遠でよってもこの程度
自宅のフィールドスコープでは、イカ釣り機の回転まで
視認できるのですが、その位置からでは、津軽海峡の
水平線は見えません。
フィールドスコープを担ぎ出すのもおっくうです。

左に思い切り寄ると、函館市街 五稜郭付近です。
真ん中は新五稜閣タワー

昨日から、函館駅前広場では、ビアホールが開店
市内のちょっとした広場では、函館まつりに 参加する山車が
装いを新たに、今日も町内会はその支度で大わらわでしょう
今か今かと出番をまっております。

8月1日は 花火大会。
例年、霧や、雨に悩まされるのですが昨年は堪能しました。
今朝は、対岸 湯の川温泉が全く見えない霧です。
こればかりは、天を拝むしか御座いません。

夏の暑い時期に干鮑調理は、避けたいのですが
久しぶりの大物ですから腕が鳴ります

6頭干鮑 
世界物流集散地 花のお江戸でも
この大きさの干鮑 ご覧になる機会が御座いますでしょうか
ちょっと 自慢します エヘン

これから戻しに入ります。 
ちょっとした加減で、こんな色になる事も有ります
大型干鮑の加工が如何に困難であるか
一時も気を抜く事が出来ません。
見た目も大事ですから、1ランク下がります。
しかし、テーブルに上がる時にはどうなる事やら 
腕の見せ所です。(本当は結果は分かってます。)

1頭とは 1斤 600g
干鮑の世界では、何個で600gになるか と言う事で決まります
約100g ですから 6個で 1頭 つまりこれは 6頭です。

10頭 弱です。 今年 出来たてです。
私見ですが、少し熟成させてから頂きたいのですが、、、

干鮑の味は 間違いなく 大きさに比例します。
価格は大きさに比例で無く 急上昇します。
大型活鮑が、世界的に少なくなりました。
加工はそれに増して困難になります。
厚みが増すと表面だけ乾いて、真ん中がじゅくじゅくとか
それを防ぐ為じっくりと時間をかけて乾燥させるのですが
何十年やっても極意が見いだせないとか
ともかく 歩留まりが極端に悪いのです。
コーヒー皿程度の干鮑が1000万円の値が付いたのは
数年前 ドバイがバブルの頃でした。
製造業者は関係ないですが、目先の利く華僑の取引
知らない世界で、こんな取引もあるのですね。

干鮑のかたち
小型あわびで、干す時に両端がそり上がるように
加工する事も御座います。
清時代の金貨に似せて作ります。
この方法は、餃子でも見る事が出来ます

にほんブログ村 グルメブログ 中華料理(グルメ)へ
ポチッとお願いします


| 津軽海峡地域 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

グルメ ブログランキングへ